教授賞表彰

2021.10.27 お知らせ

臨床部門 初期研究医麻件数第一位 杉原 百芳先生

教育部門 臨床実習アンケート評価第一位 学生教育係 谷真規子先生、黒田浩佐先

20211027074918-0001

20211027074946-0001

MOMO seminar 14th(報告書追加)

2021.10.17 お知らせ

参加者:6名

症例報告:山﨑先生

特別講義:森松

第14回 MOMOセミナー開催報告書 (2021年10月15日(金) 19時~)

文責: 山﨑 友輔 (福山市民病院 麻酔科)

 

・2021年10月15日(金)の19時からZOOM meeting上で、第14回 MOMOセミナーを開催しました。今回も関連病院から多くの麻酔科専攻医の先生方にご参加いただきました。今回は恒例の症例提示に加えて、麻酔科専門医試験前の時期でもあり、参加者で麻酔科専門医試験の口頭試問勉強会を行いました。以下はそれぞれの概要です。

 

① 症例提示 (『悪性高熱症について』 ケースプレゼンター: 山﨑 フィードバック: 森松教授)

・今回は悪性高熱症についての症例提示を行いました。症例は腹腔鏡手術中に発症した、悪性高熱症の一症例でした。本症例ではEtCO2の上昇が初発症状になったもので、当初は皮下気腫を疑っていたが、遅れて体温が急上昇したことで悪性高熱症の診断に至ったものでした。EtCO2の上昇は腹腔鏡手術の合併症でもあり、悪性高熱症の初発症状が腹腔鏡手術の合併症と似ることから、腹腔鏡手術では悪性高熱症の診断が困難になる可能性が過去の症例報告でも述べられています。

悪性高熱症は麻酔科医なら誰しもが知っている有名な合併症ですが、発症率が非常に稀であることから、実際に経験したことがある麻酔科医は少数です。そのため治療方法(ダントロレンの使用方法や、原因薬剤の中止・変更、麻酔器・回路の取り替えなど)等も、熟知しておかないとすぐには対応できないものです。

今回は本症例を通して、悪性高熱症の診断や治療方針等を改めて学習しました。使用する吸入麻酔薬の種類によって悪性高熱症の発症時間が異なること、悪性高熱症が実際に起きた際にどのように外科医や周囲のスタッフとコミュニケーションをとるかなどの議論がありました。

 

② 麻酔科専門医試験口頭試問勉強会 (参加者一同)

・今回はjournal clubの代わりに、麻酔科専門医試験口頭試問勉強会を実施しました。麻酔科学会より公開されている、口頭試問の過去問を題材に参加者一同で勉強しました。設問に対して、参加者で順に回答を行ない、皆で検討しました。

口頭試問は実際の臨床の場面を想定した症例形式の問題であり、術前の患者評価・麻酔計画から術中の麻酔管理、術後管理と一連の周術期に関して、多岐にわたる知識が問われます。実際に同じ症例・設問でも参加者の中で異なる見解もありました。

その中で麻酔科専門医試験の口頭試問に際しては、やはり日々の症例が大切なのだと実感しました。日々の症例で術中の麻酔管理だけでなく、術前のリスク評価や術後の集中治療室での管理等をしっかりと学習する必要があります。また術中合併症のIC等を想定した設問もあり、私自身、普段の術前外来や集中治療室での診察時等、患者様とコミュニケーションをとる場面での自分の説明・態度等を改めて見直していこうと思いました。

Practical guidelines for the response to perioperative anaphylaxis

お知らせ

Practical guidelines for the response to perioperative anaphylaxis.

Takazawa T, Yamaura K, Hara T, Yorozu T, Mitsuhata H, Morimatsu H; Working Group for the Preparation of Practical Guidelines for the Response to Anaphylaxis, Safety Committee of the Japanese Society of Anesthesiologists.
J Anesth. 2021 Oct 14. doi: 10.1007/s00540-021-03005-8. Online ahead of print.

3rd MAP Seminar Report by Dr. Guo

2021.10.08 お知らせ

Participants: 21

Presentations:

Dr. Ono Oxytocin

Dr. Guo Fluid balance in CRRT

Dr Shioji Nasal High Flow after pediatric cardiac surgery

Report of 3rd MAP seminar

We conducted the 3rd seminar online on 9.OCT. More than 20 Phd students attended the meeting. Dr.Shioji , Dr.Ono and Dr.guo presented their study in the meeting by English. At first Dr.Ono introduced his research about use Oxytocin as biomarker to evaluate pain. It was an interesting research. Many students were the first time to know oxytocin had relationship with pain.  Oxytocin commonly used in obstetrics clinical work and for anesthesia student it was a strange thing. Many students ask their own question especially focus on whether this biomarker can be used or not for male and mechanism about the oxytocin to evaluate pain. But this time we hadn’t enough time to detail answer all question. We wait for the next time to meet Dr. Ono.

Dr.Guo was the second speaker to presented his research about fluid management associate with prognosis in CRRT patients. This was a complex research because contain MAP and fluid. Both of two factors can affect patient mortality but MAP and fluid can influence each other. Therefore Dr.Guo tracked 72-h fluid management and MAP at the same time to prove the positive fluid management associate with mortality was a limitation conclusion and try to find a suitable and safety MAP to use negative fluid management treatment.

At last Dr.Shioji introduced his research about Physiological impact of high-flow nasal cannula therapy on postextubation acute respiratory failure after pediatric cardiac surgery: a prospective observational study. He found that Respiratory rate and blood pressure can be decreased after introduction of HFNC.

This was a good chance for foreign students and Japanese students to increase understanding about each other. We believe the next seminar in November will a wonderful meeting.

 

 

 

 

 

 

Audio Journal Club No.3 Self-reported awareness during general anesthesia in pediatric patients: A study from Wake Up Safe

2021.10.04 お知らせ

Audio Journal Club 2021.10.04

 

Self-reported awareness during general anesthesia in pediatric patients: A study from Wake Up Safe

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33709457/

doi: 10.1111/pan.14176. Epub 2021 Apr 5.

 

 

技術職員を募集しています。

2021.10.01 お知らせ

下記を参照下さい。

https://www.okayama-u.ac.jp/user/hospital/news/detail296.html

鹿田風景

2021.09.24 お知らせ

13th MOMO seminar報告書

お知らせ

第13回MOMOセミナー 2021/09/17

報告 鄭芳毅

 

症例提示:鄭

テーマ:冠動脈バイパス術中の体外循環離脱時に左房から左室へ流入する血栓を認め再度心停止下に血栓除去した1例

心房細動や弁膜症の既往がない低心機能(EF:30%、高度壁運動低下)を有する3枝病変に対してCABG術中に、術前には指摘のない左房内血栓を体外循環離脱前にTEEで発見し、再度心停止下に血栓除去をした症例です。血栓の病理結果から形成されて2〜5日以内のものだと分かり、入院時もしくは入院中に形成された可能性が高いです。麻酔導入直後や体外循環離脱時のTEEでの左房内血栓の検索は重大な塞栓症を予防する上で有用です。

 

特別講義:成谷先生

テーマ:専門医試験口頭諮問体験談

専門医試験内容は記述、口頭諮問、実技の3種あり、先生の場合は記述:口頭諮問=98%:2%の割合で対策されたそうです。諮問のテーマは悪性高熱から始まり、特定の手術における注意点や合併症など一連の質疑応答の内容を詳細にスライドにまとめくださり、非常に臨場感のある講義でとても参考になりました。口頭諮問を終えての対策ポイントとして考えていらっしゃるのは、重箱の隅をつつくような知識ではなく、麻酔に関するごく一般的な知識をアウトプットできること、また、試験官を患者さんやコメディカル、他科の先生に見立てて応答する場合もあり、相手によって専門用語や説明内容を変えたりと接遇が重視されていることを挙げられていました。

 

Journal Club 森松教授

テーマ:ICUにおける輸液負荷の流速で比較した90日死亡率

生食とリンゲル液をそれぞれ緩徐(333ml/h) vs 急速(999ml/h)に分類した2×2の研究モデルです。流速による比較では90日死亡率に有意差はありませんでしたが、3日目のsofaスコアのうち、心血管系と呼吸器系の項目が緩徐群の方がスコアはよく、血液系の項目で急速軍の方がスコアは良かったです。ただし、7日目になるとどの項目においてもsofaスコアの有意差はなくなります。生食 vs リンゲル液でも90日死亡率は差がないですが、頭部外傷においては生食の方が有意でした。

この論文の結果を受けて、輸液負荷の流速に関してはまだ有意差がありませんが、臨床において輸液負荷をする場合は100ml/hの流速などがよくみられますが、「輸液負荷」という概念では少なくともコントロール群の300ml/h以上は必要なんだと再確認になりました。

MOMO seminar 13th行いました。

2021.09.17 お知らせ

参加者:6名

症例発表:鄭先生 左房・左室内血栓

特別講演:成谷先生 専門医試験体験談

Journal Club: 森松 輸液負荷速度のRCT

2nd MAP seminar report by Pan san

2021.09.12 お知らせ

Report of 2nd MAP seminar

We had a 2nd MAP seminar on 10th September. A total of 15 people attended the meeting. There are two speakers. The first speaker is Dr. Ryu Nakamura, the second speaker is Dr. Pan Yu. The title of first presentation is dexmedetomidine effect on inflammation of shock lung injury. The three groups in the research are: group 1 is sham-operated group,group2 is shock and non-treatment group, group 3 is shock and treatment group. The result is that dexmedetomidine can reduce inflammatory factors and reduce lung injury and pulmonary edema, and also affect autophagy. After presentation, there are two people asked questions, first question is about groups, second question is he think it is a little sparse on autophagy.

The title of second presentation is the relationship between MAP and rso2 during pediatric cardiac surgery in CPB. The research included all patients, cyanotic subgroups and age subgroups. The result is MAP and rso2 are positive correlation during pediatric cardiac surgery in CPB, not in neonate and infant patients, MAP and rso2 are no correlation. After presentation, there are four people asked questions, first question is why age groups’ results are different. Second question is about hemoglobin can effect rso2.Third question is about all patients’ rso2 trend over time. Fourth question is about suggestion for making figures.