初期研修医リポート

2020.06.06 お知らせ

1. 自己紹介

初期研修医2年目です。

2. なぜ麻酔科研修

外科系に興味があるので麻酔科の先生方の考え方、気を付けている点など知っておきたいと思ったのが研修で選んだ一番の理由です。

また岡山大学病院麻酔科研修は上級医の先生方が丁寧に知識や実技を教えてくださると聞いて、より研修させていただきたいと思いました。

3. 良かったこと、悪かったこと

良かったことは前評判通り、上級医の先生方が研修医の我々に対してしっかりと向き合って教えてくださったことです。麻酔知識がほぼゼロの状態で臨んでしまったにもかかわらず、一から根気強く教えてくださいました。また、私が研修した時期はレジデントの先生と一緒につく機会も多く、年齢が近かったこともあって相談しやすく質問もしやすかったです。

悪かったことはレジデントの先生が多く、CVなどの手技がレジデントの先生がたメインで行われることがあって十分に実践できなかったことは残念でした。

4. 将来展望

将来は産婦人科医として、働けたらいいなと思っています。

帝王切開で自家麻酔をするにはまだまだ知識が不十分なので、初期研修終了後も麻酔の勉強をしたいなと考えております。

5. まとめ

3か月間研修をさせていただいて、3か月前とは手術室の景色が違って見えるようになりました。麻酔科の先生がたがバイタルの安定をはかってくださっているから安全に手術を行えているということを考えさせられる3か月でした。

有意義な研修をさせていただくことができたのは一重に私たちをあたたかく、時には厳しくご指導くださった先生方のおかげです。本当にありがとうございました。