岡山大学病院麻酔科専門医 研修プログラム

岡山大学病院で、たのしく、充実した研修生活を一緒におくりませんか

これから麻酔科医を目指す専攻医の皆様!
専門医制度が変わります。

岡山大学病院麻酔科専門医 研修プログラム

今後、専門医制度大きく変革され、将来的に現在各学会が認定している専門医は、
学会、厚生労働省とは別の第三者機関により認定されることになります
(詳細は分かり次第報告致します)。
これまでの制度と大きく異なる点は、専門医試験受験資格が4年間の専門医研修プログラム終了となることです。これに伴い、当科でも2015年度に麻酔科専門医を目指して研修する医師(専攻医)から新たな専門医研修プログラムが始まりました。

当プログラムの特徴FEATURE

豊富な症例、豊富な施設で
充実した臨床経験が可能です。

岡山大学病院は手術室20室、年間7000例以上の麻酔科管理症例を有し、多くの症例を経験出来ます。症例数が多いだけでなく、成人、小児を問わず一般外科はもちろん肺・肝・腎移植などの移植外科、小児心臓外科など特殊手術が積極的に行われているため重症症例、特殊疾患の麻酔、術後集中治療管理を学ぶこともできます。

中四国を中心に兵庫、京都、東京、千葉にも関連病院を配しているため、様々な環境で経験を積むことも可能です。また、関連施設が多いので、個々の事情に合わせた、研修プログラムもアレンジ可能です。

あなたの可能性は無限大!

術前管理から術後集中治療管理まで
麻酔科医が中心に管理しています。

岡山大学病院麻酔科蘇生科は『麻酔から周術期管理まで』を合言葉に、周術期管理センターを中心とした術前管理、術中管理、集中治療室(ICU)での術後管理において主力として働いています。当プログラムで研修することで、自ずと術前から術後管理まで身に付きます。

当院のICUでは、ICU内に集中治療専門医を取得した麻酔科医が常駐し、麻酔科が中心となって治療方針の決定を行なっています(Closed ICU)。従って、研修中に指導医の元で集中治療についても、しっかり学べます。

術中麻酔管理だけしか出来ない麻酔科医
でもいいですか?安心して下さい!

経験豊かな指導医による指導

岡山大学病院麻酔科蘇生科には日本麻酔科学会指導医、専門医はもちろん、集中治療やペインクリニック、救急医学の専門医を複数取得している医師、海外留学経験を有する医師が多数在籍しています。日常の手術麻酔だけでなく周術期管理に必要な集中治療管理や疼痛管理について学ぶことができます。このような環境で研修することで、将来現場でリーダーシップを発揮出来る専門医になって頂けると思います。

指導医のほぼ全員が海外留学を経験しており、国内はもちろん、国際学会での発表や学術誌への論文投稿に対する指導にも熱心に取り組んでいます。

リーダーシップのとれる正当な麻酔専門医の
育成をめざした教育体制!

リサーチマインドをもった
臨床医の育成

岡山大学病院麻酔科蘇生科は日常の臨床業務で感じた疑問を解決するために手術室やICUでの臨床研究、研究室で主に循環不全や脳蘇生、ペインに関する基礎研究も行っています。もちろん各研究グループのカンファレンスには、専攻医も参加可能です。自由に参加し討論を行い、早くから実際に研究の現場に参加することで、臨床のスキルだけでなく、リサーチマインドを持った臨床医が育つと考えています。

臨床も大事ですが、研究も楽しいですよ!

指導医から一言ADVISING

麻酔科を志している後期研修医の皆様へ

専攻医からのアドバイスADVISING

キャリアパスCAREER PATHS

大学病院での研修の実際TRAINING

 
モーニング
カンファレンス
モーニング
カンファレンス
小児心臓
カンファレンス
モーニング
カンファレンス
臨床研究
カンファレンス
午前 麻酔・ICU・ペイン 麻酔・ICU 麻酔・ICU・ペイン 麻酔・ICU 麻酔・ICU・ペイン
午後 麻酔・ICU・ペイン 麻酔・ICU 麻酔・ICU・ペイン 麻酔・ICU・
ペインブロック
麻酔・ICU・ペイン
夕方 ICUカンファレンス ICUカンファレンス ICUカンファレンス ICUカンファレンス ICUカンファレンス
モーニングカンファレンス
(月、火、木、朝7:40〜)
ICUカンファレンス
(毎日、17:00〜)
レジデント抄読会
(毎週火曜日、18:00〜)
レジデントミーティング
(月1回)
臨床研究カンファ
(毎週金曜日、朝7:00〜、参加自由)
小児心臓カンファ
(毎週水曜日、参加自由)
症例検討会
(適宜開催)
 

主な行事

詳しくはOUAR DIARYを見てね!

Early Exposure Program

当科では、若いうちから海外の学会に参加、体験し、先輩麻酔科医の国際学会での発表を
見学することで、将来海外で活躍する自分の姿をより早くイメージしてもらおうと、
数年前からEarly exposureという制度を導入しています。
岡山大学病院で研修する専攻医は、必ず一度は国際学会に参加出来ます!!

これまでの実績

  • 2015年度
    • ISICEM(ブリュッセル、ベルギー)
    • SCCM(オーランド、アメリカ)
    • ASA(サンディエゴ、アメリカ)
  • 2014年度
    • IARS(ハワイ、アメリカ)
    • PGA(ニューヨーク、アメリカ)
    • ASA(ニューオリンズ、アメリカ)
  • 2013年度
    • PGA(ニューヨーク、アメリカ)
    • ASA(サンフランシスコ、アメリカ)
    • ESRA(グラスゴー、イギリス)

詳しくはOUAR DIARYを見てね!

良くある質問FAQ

プログラム概要OUTLINE

本プログラム募集:30名
本プログラムの症例数

本プログラム症例領域区分 当院での症例数 本プログラム症例数合計 必要経験症例数
小児(6歳未満)の麻酔 732 2699 25
帝王切開術の麻酔 151 2338 10
心臓血管手術の麻酔 287 2358 25
胸部外科手術の麻酔 493 3189 25
脳神経外科の麻酔 212 2837 25

プログラム参加施設INSTITUTION

専門研修基幹施設
岡山大学病院
専門研修連携施設(A)
岡山県 岡山旭東病院、総合病院岡山協立病院、岡山済生会総合病院、岡山市立市民病院、岡山赤十字病院、岡山労災病院、津山中央病院、竜操整形外科病院、国立病院機構 岡山医療センター、川崎医科大学附属川崎病院
香川県 屋島総合病院、香川県立中央病院、香川労災病院、三豊総合病院
広島県 国家公務員共済組合連合会 呉共済病院、公立学校共済組合 中国中央病院、尾道市立市民病院、福山市民病院、総合病院 三原赤十字病院
山口県 国立病院機構 岩国医療センター
兵庫県 高砂市民病院、神戸赤十字病院、姫路聖マリア病院、姫路赤十字病院
高知県 高知医療センター
鳥取県 鳥取市立病院
京都府 舞鶴共済病院
千葉県 亀田総合病院
専門研修連携施設(B)
岡山県 川崎医科大学附属病院、倉敷リバーサイド病院、一般財団法人 倉敷成人病センター
香川県 りつりん病院
広島県 国立病院機構 福山医療センター、興生総合病院、広島市立広島市民病院
島根県 島根大学医学部附属病院
高知県 医療法人新松田会 愛宕病院、社会医療法人近森会近森病院、高知大学医学部附属病院
静岡県 静岡県立静岡がんセンター
東京都 国立がん研究センター中央病院、昭和大学病院

お問い合わせINQUIRY