ペインセンター

ペインセンターでの診療の概略

ペインセンターイメージ

岡山大学麻酔科蘇生科ではあらゆる痛みの治療・相談および新しい治療の開発を行うために平成14年7月1日にペインセンターを設立しました。
当センターは、外来で痛みを持つ患者さんを治療するペインクリニック部門、入院中に痛みでお困りの患者さんをこちらから出向いて対応するペインサービス部門、さらに痛みのメカニズムの解明や新しい治療を開発するペインリサーチ部門からなっています。この3部門が密接に連携して患者さんに高度な医療を提供することが岡山大学麻酔科蘇生科ペインセンターの使命であると考えています。
そして、あらゆる痛みに対しわれわれ麻酔科医が中核となって責任を持って管理、診療していくこと、痛みを和らげることで患者さんの幸せを追求することを基本理念としています。

ペインセンター

ペインクリニック部門

外来診療は、月、木、金曜日の週3日間行っています。

紹介医の先生方へ

当科は初診、再診とも完全予約制です。詳しくは、こちらをご覧ください。

入院病床は2床です。

対象疾患は以下の通りです。

診断

診断機器

初診には十分に時間をとり、問診を行っています。
その後、理学所見などをとり、必要に応じ採血、レントゲン検査、CT、MRIなどの指示を出します。

治療方法

投薬

NSAIDなど一般的な鎮痛薬から、抗うつ薬、抗てんかん薬、麻薬なども適応により処方しています。

神経ブロック

外来・外来透視室 外来に隣接する透視室で、各種神経ブロックを行うことができます。
レントゲン透視、超音波装置を用いて安全で確実なブロックを心がけています。
手術室 ●ガッセル神経節ブロック(三叉神経痛)
●硬膜外刺激電極

などには特に力を入れています。
IVRセンター 腹腔神経叢ブロック、胸部交感神経ブロックなど

痛みリエゾン外来について

慢性痛は、心理社会的な背景を含み、複雑になっていることが多くあります。そのため、多角的、集学的に診療すること(multidisciplinary)が推奨されています。我々は、2012年4月から、麻酔科医、整形外科医、臨床心理士、精神科医、看護師、歯科麻酔科医、理学療法士、作業療法士などで、チームを作り、慢性痛の診療に当たっています。このチームに患者さん自身が加わります。我々は患者さんと、一緒に目標の達成を目指し、生活レベルや行動範囲を向上させ、その結果として痛みが少なくなることを期待しています。痛みリエゾン外来の役目は、患者さんが自分で痛みを和らげ、生活を送りやすくするお手伝いをすることです。

痛みリエゾン外来の適応は
  • ①三カ月以上続く慢性痛で生活に支障を生じている。
  • ②痛みリエゾン外来の趣旨を理解し、参加を希望する。
  • ③過去六カ月以内に受診した医療機関からの紹介状をお持ちの患者さんです。
適応とならない患者さんは
  • ①他に優先すべき治療がある。
  • ②リハビリテーションが禁止されている。
  • ③認知症、重度精神疾患と診断されている。
  • ④その他、カンファレンスで、不適と判断した患者さんです。

緩和ケアチーム

緩和ケアチームでは特に身体症状の緩和を担当しています。当院緩和支持医療科とともに、体の痛みを和らげるよう努めています。

ペインサービス部門

他科入院中で痛みのコントロールが難しい患者さんを往診します。PCA(patient controlled analgesia)や神経ブロックでのコントロールを主として行います。

ペインリサーチ部門

詳しくは研究の項をご覧ください。

カンファレンスなど

当科では診療レベルの向上を目指してカンファレンスを定期的に行っています。

院内カンファレンス

毎週木曜日
症例検討や論文紹介などをしています。