小児心臓麻酔マニュアル

小児心臓麻酔マニュアル

岡山大学の小児心臓麻酔および
術後管理のマニュアルです。

岡山大学病院「小児心臓マニュアル」が9年ぶりに改訂されました!!

「今回の改訂は、主に近年の周術期管理の進歩に伴う治療・管理法の変化について、現状にあわせる形で改訂を行ないました。(中略)一方で、近年使用することが増えてきた窒素吸入療法、一酸化窒素吸入療法、High Flow Nasal Cannula 療法などは新たに追記しております。

各論の部分において、初版はマニュアルということを重要視し、それぞれの心疾患、手術法に関する病態生理は最小限の記述としておりました。しかしながら今回の改訂では、マニュアルとしての汎用性を高めるため治療のコンセプトが分かりやすように、病態生理についても加筆訂正を行なっております。また若干の疾患もついきしています。もちろん、シンプルでマニュアルとしてわかりやすいという基本方針は崩していないつもりです。

今回の改訂によって、さらに使いやすいマニュアルが出来たと自負いたしております。」
(改訂版のあとがきより)

また、「先天性心疾患患者の90%以上が成人する時代となり、「成人先天性心疾患」という分野が顕在化した。既に成人先天性心疾患患者は40万人を突破し、20歳未満の小児患者は約20万人で一定であるので、先天性心疾患のより多くの患者は成人という時代を迎えつつある。今までは大人の後天性心疾患の麻酔や周術期管理は得意であるが、先天性心疾患は不得意であるという麻酔科医・集中治療医も多かった。今後は、こうした医師も先天性心疾患を理解することが必要な時代になるであろう。」(改訂版の序より)と考えられます。

このことからこの改訂・小児心臓麻酔マニュアルは、小児心臓麻酔にかかわる麻酔科医、医療スタッフのみならず、先天性心疾患に興味を持つすべての医師、看護師やコメディカルの第一歩の周術期管理マニュアルとして、是非、PICUなどのベッドサイドや座右に一冊置いて頂きたいと思います。

メディカルフロントインターナショナルから好評発売中!
お買い求めはお近くの医学書店もしくは学会会場などで!
1,500円です。

改訂版