レジデントも多く
お互いに切磋琢磨できる

レジデント 二口 あい先生

岡山大学卒で岡山大学病院で初期研修をした後、3年目に岡山大学麻酔科蘇生科でレジデントとして研修をしています。
岡山大学麻酔科蘇生科のレジデントとして研修する上で、私が魅力的に感じていることは大きく2つあります。

1つ目は、大学にいるからこそできる豊富な経験です。珍しい症例やハイリスク症例、小児心臓や移植などの特殊な手術麻酔があり、実際に自分も関わる機会が多く与えられます。そういった症例では難しいことや大変なこともありますが、その分自身の成長に繋がっていると思います。ICUでは周術期管理や院内の重症例を通して全身管理を学ぶことができます。複雑な症例も多いですが、ラウンドやカンファレンスに積極的に参加することで理解できることも増えているように感じます。

2つ目は熱心に教育してくださる先生方です。さまざまなバックグラウンドの先生がいて、その先生方に直接ご指導いただいたり、先生方の経験の話を伺うことができます。日々の麻酔だけでなく、自分の将来についても考えるヒントやモチベーションになっています。また、レジデントの人数も多く、月1回のレジデントミーティングではハンズオンの勉強会や簡単な症例報告など、レジデントが集まって学ぶ機会があり、お互いに切磋琢磨できる関係になっています。

レジデントになって4ヶ月が過ぎましたが、毎日充実した日々を過ごしています。この素晴らしい環境で、よりレベルアップできるようこれからも精進したいと思います。