研修期間はたくさんの引き出しを作る
貴重な一年間

レジデント 森松 尭先生

医師4年目、麻酔科レジデント2年目の森松尭と申します。香川県出身で岡山大学医学部卒業後、岡山大学病院で初期臨床研修を行い、その後岡山大学病院麻酔科蘇生科に入局致しました。岡山大学病院麻酔科蘇生科でのレジデント研修に関して、私の体験をお話ししたいと思います。

私が麻酔科を志すきっかけとなったのは、大学4年時の学生実習で麻酔科を研修した2週間でした。研修初日に遭遇した院内急変への病棟対応から、ICUへ搬送しての蘇生処置に圧倒され、様々な病態の患者に対してのICU管理がとても魅力的に映ったのを今でも鮮明に覚えています。また手術室での麻酔管理では、患者の状態を考察し、循環動態に対して介入、その結果が迅速に得られる様子がとても面白いと感じました。その気持ちはずっと変わることなく、麻酔科レジデントとなりました。

麻酔科のレジデントは、最初の2年間のうち少なくとも1年間、大学での研修を行います。
大学に見学に来られる研修医の先生方から、「大学病院での研修はたいへんではありませんか」という質問をよくいただきます。大学病院の特徴として、市中病院と比較してリスクが高い症例が多いこと、手術時間の長い症例が多いことなどが挙げられると思います。その為、麻酔管理という観点において、確かに大学での研修は大変だと思います。しかしながら、大学病院では必ず上級医の先生と共に手術麻酔を担当し、麻酔管理・術後管理に関して毎症例ディスカッションをすることができます。また大学病院にはたくさんの先生方が勤務されているため、一つの問題に対しての様々な考え方・対応の仕方を質問し学ぶことができます。私を含め麻酔科を志している皆様は、いつか必ず一人で麻酔を行うことになりますが、大学での研修期間は、自分の中にたくさんの引き出しを作ることができる貴重な一年間であると思っています。

私は麻酔科を選択するにあたって、憧れた上級医の先生がいました。何事にも真面目に真摯に取り組む先生の背中から学び、いつかその先生のような麻酔科医になりたいと思っています。身近にそういった目標となる先生を見つけられたことも、私が岡山大学麻酔科蘇生科を選択して良かったと思う点であり、また将来そのように誰かの目標となれる医師になれたらと思っています。