充実したサポート体制と豊富な症例が魅力です

藤井 彩加先生

初期研修:
岡山労災病院
麻酔科専門研修:
岡山大学病院 - 香川県立中央病院

岡山大学病院麻酔科プログラムの魅力は、熱心な指導医、しっかりとしたサポート体制、豊富な症例を経験できることだと思います。

担当する麻酔症例は必ず指導医とついており、術前評価、麻酔計画の段階から指導医とディスカッションを行います。小児心臓手術、移植手術、ハイリスク症例なども担当し、特殊な症例も指導医のサポートのもと経験できます。基本的な考え方・アプローチの仕方から教えてくれるので、そこで得た知識や技術は他の症例でも生かすことができます。
ICUにも麻酔科医が常駐しており、重症患者の管理も経験することができます。麻酔だけでなく、PACU(post anesthesia care unit)や術後疼痛ラウンド、ICUなど周術期全般を学ぶことができ、術後のことを考えた術中管理を意識するようになります。
このように日々の症例を経験していくうちに、いつのまにか麻酔科医として必要な基礎が身に付いていきます。

また月1回森松教授主催のレジデント勉強会があり、症例の振り返りを行い日々の疑問を解消したり、珍しい症例を同期と共有しながら学ぶことができます。研修期間の中で必ず1回は、学会発表と海外学会への参加の機会を与えてもらえ、臨床だけでなく学術的なサポートもしっかりしています。学会で上級医や同期が発表しているのを見ることで刺激を受け、さらに日々のモチベーションアップになります。

とはいえ、やはり研修中には落ち込むこと悩むこともあると思います。そんなとき岡山大学病院にはたくさんの同期がいるので、悩みを共有したり時には愚痴を言い合ったり、同期と協力して乗り越えていけます。またメンターメンティー制度があり、困ったことがあればすぐに相談できます。もちろんメンター以外の指導医も、気軽に相談でき些細なことでも熱心に一緒に考えてくれます。

少しでも麻酔科に興味がある方は、一度岡山大学病院に見学に来られることをおすすめします。きっと、熱心な指導医と充実した研修風景を体感して頂けると思います。