大学入局

従来から小さな枠にとらわれない個々がその分野の最高の目的を目指して努力すること

大学入局02

岡山大学麻酔・蘇生学講座では、従来から小さな枠にとらわれない講座運営を行ってきました。特に近年では卒後臨床研修制度が導入後され、若い先生方の考え方も大きく変化しているため以前にも増してより自由度のある講座運営が必要と考えています。医局という言葉が以前とは意味を異にしてきたと考えていますし、今後従来の大学入局という言葉はなくなっていくと考えています。我々も時代のニーズに合わせ変革が必要です。組織は皆が画一的な人間である必要は全くなく、様々な個性を持ったやる気のある個人々人が全体の大きな最低限の秩序の中で仕事ができることが重要と考えます。

組織としてはOrganized Chaosが最も活力が出ます。講座としての最低限のDutyは必要ですが、個々がその分野の最高の目的を目指して努力することが最も大切です。

大学入局01

このような考え方を踏まえ、岡山大学では、“大学入局”という募集形態を存続させています。岡山大学での大学入局は、他の募集よりもさらに門戸を広げた仲間の募集であり、どのような経歴であっても岡山大学麻酔・蘇生学講座での臨床、研究、教育を希望される方の募集です。

基本

経歴の如何を問いません。面接にて採用を決定します。岡山大学病院での勤務(基本的には医員、研究員採用)が基本ですが、本人の希望および採用枠があれば関連病院での勤務も可能です。

基礎研究

  • 急性臓器不全
  • 脳蘇生
  • 痛み
  • その他

問合わせ先

採用時期は問いません。いつでも連絡して下さい。