脊髄くも膜下麻酔を受けられる方へ

脊髄くも膜下麻酔とは

背骨の中を通っている脊髄(せきずい)という太い神経の入っている袋(脊髄腔)に針を入れ、その中に局所麻酔薬を入れることによって下半身(下腹部、下肢、足)の痛みを取る麻酔法です。脊髄くも膜下麻酔によって下半身(概ね臍から下)は感覚がなくなり、足を動かすこともできなくなります。患者さんの全身状態によっては血圧や呼吸に大きな影響をあたえることがあり、岡山大学病院では全例を全身管理に精通した麻酔科医が担当します。

脊椎麻酔の実際

手術室に入室されたら、まず心電図、血圧計、パルスオキシメータを体につけ、点滴を取ります。ここまでの流れは全身麻酔を行うときと同様です。手術台の上で横向きになり、体を丸くしていただきます。背中を消毒し、シーツを掛けます。腰に痛み止めの注射を行い、脊髄腔に針を進めます。脊髄腔に針が到達し、脳脊髄液が流れ出たところで局所麻酔薬を入れます。
薬が入ったらすぐに足が温かいあるいはしびれた感覚が起こります。針を抜いたらすぐに上向きになっていただき、痛みを感じなくなる範囲が広がるのを待ちます。手術に必要な範囲の痛みが取れたら手術が始まります。

脊椎麻酔を受けられるにあたって

患者さんによっては痛みが取れるけれど触った感じが残ることがあり、その感覚が不快に感じられることがあります。またいったん薬を投与すると全身麻酔のように手術の進行に合わせて調節することができませんので、手術時間が予定より長くなった場合などには途中で痛みが出ることがあります。
このような場合には適宜鎮痛薬を追加して対応しますが、やむを得ず手術中に全身麻酔に移行することもあります。そのため術前診察をはじめ手術前の絶飲食を含む手術前の指示は全身麻酔に準じて行います。