硬膜外(こうまくがい)麻酔を受けられる方へ

硬膜外麻酔とは

硬膜外腔(脊髄を包む硬膜といわれる膜の外側)に局所麻酔薬を投与することによって痛みを取る方法です。ほとんどの場合全身麻酔に併用して行われ、硬膜外腔に手術後に薬剤を持続投与するチューブを入れることで手術後の痛みを大幅に減らすことができます。痛みを取り除くことで呼吸が楽になり痰がたまりにくくなることで、肺炎などの手術後の呼吸器合併症を予防することもできます。胸から下の手術では硬膜外麻酔を用いることができます。

硬膜外麻酔の実際

手術台の上で横向きになり、体を丸くしていただきます。背中を消毒し、シーツを掛けます。痛み止めの注射を行ったあと硬膜外腔に針を進め、手術中、手術後に使うチューブ(イヤホンぐらいの柔らかいチューブです)を入れます。チューブを通じて少量の局所麻酔薬を入れ、硬膜外チューブが適切な位置にあることを確認します。