全身麻酔を受けられる方へ

手術室への入室

歩ける方は病棟看護師とともに病室から歩いて手術室まで来ていただきます。手術室の入り口で手術室の担当看護師と交代し、そのまま手術室の中まで歩いて入室していただきます。

全身麻酔の前に

手術台に横になっていただき、心電図、血圧計、体内の酸素をはかる器械(パルスオキシメーター)を体につけます。そのあと腕に点滴を取ります。手術中は数リットルの輸液あるいは輸血を行うことがありますので太い点滴が必要です。少しでも痛みを和らげるために、まず細い針で痛み止めをしてから行います。

胸から下の手術の多くでは硬膜外麻酔を、手足の手術のうち適応のあるものでは伝達麻酔を併用します(詳しくは別項をご参照ください)。硬膜外麻酔あるいは伝達麻酔は全身麻酔に先だって行います。

全身麻酔を行います

まずマスク(鼻と口両方を覆います)をあて、しっかりと酸素を吸っていただきます。その後、全身麻酔薬を投与して眠っていただきます。全身麻酔は睡眠とは異なるため呼吸は浅くなり、ときには停止することもあります。
また多くの場合筋肉を弛緩させる薬を用い、自力で呼吸ができなくなりますので、全身麻酔中は人工呼吸が必要になります。人工呼吸を行うために、口からのどを通して気管の中に管を挿入します(気管内挿管といいます)。気管内挿管は喉頭鏡という金属製の器械を口の中に入れて行いますので、このときに歯がぐらぐらしている方や入れ歯の方は歯が取れることがあります。もしぐらぐらした歯や入れ歯がある方は術前診察の時にあらかじめ麻酔担当医にお申し出くだされば可能な限り対策を講じます。

大きな手術などの場合は、全身麻酔で眠っていただいたのちに追加の点滴を取ることもあります。

手術中は

全身麻酔で眠っていただき、準備が整い次第手術が始まります。手術中は常に麻酔科医がそばで脈拍、血圧、呼吸などを監視し、それぞれの患者さんに最適な麻酔を提供します。

手術が終わったら

手術が終わるのに合わせて麻酔薬の投与を中止し、麻酔から覚めていただきます。こちらから「目が開きますか?」「手が握れますか?」などお呼びしますので指示に答えてください。

全身麻酔から覚めたのちに手術室から回復室へ移動します。回復室では再度心電図、血圧計パルスオキシメータを体につけ、1時間程度経過をみます。しっかりと麻酔から覚め、出血など手術に伴う合併症がないことを確認したのちに病室で休んでいただくことになります。
したがって手術終了から病室に戻るまでに2時間ないし3時間程度お時間をいただきます。病室でお待ちのご家族から「手術が終わってだいぶ経つのにまだ病室に帰ってこない」とのご質問をいただくことがありますが、それぞれの患者さんに最適な全身管理を行っているためですのでどうぞご安心ください。

なお、心臓手術、脳外科手術などの大きな手術や、呼吸・循環系などに合併症のある患者さんについては、手術後の継続した全身管理を行うため集中治療室へ入室していただきます。