OUAR DIARY

日本麻酔科学会第69回学術集会に参加して

写真01

この度、2022年6月16日~18日に神戸にて開催された日本麻酔科学会第69回学術集会に参加させていただきました。本学術集会はコロナの影響で3年ぶりの現地開催だったようですが、私としても研修医時代に経験した学会が全てweb開催だったため、初めての現地での学会参加となりました。

会場では多くの部屋で様々な招待講演、シンポジウム、演題発表、ポスター発表などをしており、別の会場では最新の医療機器などの展示がありました。多くのセクションが並列で進行していくため、興味のあるものを絞るのが大変ではありましたが、いくつかの講演と演題発表を聴講しました。

まず私は、「抗血栓薬の周術期対応と出血への対応」についてのシンポジウムに参加しました。患者個人のリスクと手術自体の出血リスクを合わせて考えること、ガイドライン上の推奨とその実際、新たな作用機序の薬剤など、今までの考え方から最新の知見まで多くの内容を説明されていました。普段の麻酔業務に当たって必ず気を付けなければならない内容なだけに、今後の考え方にもつながると思いました。

「心疾患患者の非心臓手術」というシンポジウムにも参加しました。この講演では当院の金澤先生も登壇されていました。近年、成人先天性心疾患(Adult Congenital Heart Disease)が増加しており、それに対する循環、呼吸状態の管理についての講演でした。当院においては小児心臓外科の手術麻酔をする機会が比較的多いですが、教科書ではなく講演という形で改めて聴講することで、先天性心疾患の患者の術後の循環動態についての理解が深まりました。

演題発表では、臨床研究から症例発表まで色々なものがありましたが、今後の自分の臨床に関わる内容であることはもちろん、発表の仕方という面でも人の発表を見ることは学びが多く、良い機会となりました。

今回の学会に参加する機会を与えて下さった岡山大学麻酔科の先生方には大変感謝しております。このような貴重な機会で学んだことを今後の臨床に生かし、麻酔科医として成長する糧にしていきたいと思います。

文責 レジデント 窪木福太郎