OUAR DIARY

レジデント 礒山 智史

この度、2017/11/3〜5に東京で開催された、日本臨床麻酔学会 第37回大会で発表する機会をいただきました。

私の発表日時は学会初日の朝でしたが、会場にはすでに多くの人が集まっておりました。麻酔科レジデントになってから初の全国学会での発表であり、上手く発表出来るかという緊張でいっぱいでしたが、事前にしっかりと指導して頂いていたお陰で、無事発表を終えることができました。質疑応答では柔軟な対応ができず心残りとなった点もあり、次回への課題として受け止めて頑張りたいと思っております。

写真01

今回発表した症例は、Platypnea-Orthodeoxia症候群という比較的珍しい疾患でした。自分自身で麻酔を担当した症例でしたが、体位変換で低酸素血症を来すというポイントを逃さず、よく症例の経過を追っておくよう当初から指導いただいていたので、治療終了までの過程をリアルタイムで追うことができました。日々の業務で忙しい中でも私達の教育に配慮してくださる環境にいることを実感しました。

自分の発表以外の時間は、他の先生方の発表を聞いて回ることができました。臨床麻酔学会は「臨床」の通り、教科書どおりにはいかない症例や、予想外の事態にどうアプローチしたかという話が多く、「自分なら」その時どうするかを考えながら楽しく聴講することができました。そしてその答えは一択ではなく、より良い答えを考察の中で深めており、麻酔の難しさと面白さを改めて感じました。

また、臨床麻酔学会では演者が概ね若く、およそ同世代の先生方の発表姿をたくさん見ることは新鮮に感じられました。スライドの見せ方や考察の程度など様々で、自分がどのように見られていたのか振り返る良い機会になりました。同期の谷美里先生も発表・質疑応答を落ち着いてこなしており、自分も負けてはいられないと感じました。

最後に、今回の発表の機会を与えて下さり、丁寧に指導をしてくださった、多くの先生方に感謝すると共に、日々の臨床の中で知識・技術を磨きつつ次回の発表はさらに良いものに出来るように今後も精進していきたいと思います。

レジデント 谷 美里

11月3日から3日間、ザ・プリンスパークタワー東京にて開催された日本臨床麻酔学会第37回学術集会・総会に参加させていただきました。
会場は東京タワーから徒歩10分程度のところで、私にとっては東京タワーを眺めながら会場に入れるという、それだけで気分の上がる学会でした。会場内は世代性別を問わず多くの参加者で盛り上がっていました。

シンポジウムや教育講演では幅広い分野で興味深い演題がいくつも開催されていました。私が拝聴した悪性高熱症の講演では実際に悪性高熱症を発症した際の動画を見ることができました。とても臨場感のある講演で印象に残っています。上級医の先生方の発表では、内容はもちろん、スライドの構成や質疑応答への対応などとても参考になり勉強になりました。

私はペインクリニック部門でデジタルポスター発表をさせていただきました。会場は演者と聴衆の距離が近く、アットホームな印象がありました。麻酔学会で発表させていただくのははじめてであり、かなりの緊張感が聴衆の先生方に伝わったのではないかと思います。発表や質問への準備はしていたつもりでしたが、ペインクリニックを専門にされている先生方に実際に質問などをいただくと発表内容への理解が不十分なことを自覚しました。発表症例への理解をより深めるためにも共同演者の先生方とのコミュニケーションをさらにとる必要があったと感じました。

また、初日の夜には医局員の先生方との食事会が開催され、関東で働かれている先生方や同期からお話しを伺う機会を設けていただきました。臨床に加え研究についても聞くことができ、いい刺激を受けました。

非常にたくさんのことを学ぶことができ貴重な経験をさせていただきました。
今回発表準備に時間を割いてくださった先生方、参加の機会を与えてくださった先生方に感謝申し上げます。

写真02