OUAR DIARY

第53回中四国麻酔学会に参加・発表しました。

2016年9月10日に岡山コンベンションセンターで、岡山大学麻酔•蘇生学教室森松教授会長のもと、中四国麻酔学会を開催致しました。今回、私はポスター発表の機会を与えていただきました。

写真01

写真02

私は『ロボット支援腹腔鏡下自家腎移植の麻酔経験』について発表させていただいたのですが、学会発表の経験が今までなかったため、ポスター作成の要領もわからず準備段階から先生方にご迷惑をおかけしてばかりでした。限られた発表時間内で自分の伝えたいことをわかりやすく伝える難しさをひしひしと感じましたが、何度も先生方に予行をしていただき、その都度的確なアドバイスをいただけたので、緊張はしましたが何とか無事に発表を終えることが出来ました。
自分の発表以外の時間は、講演や発表を聴講していました。日々の麻酔業務に追われて疎かになりがちですが、論文や文献を読んで勉強することも重要だということを身にしみて感じました。

写真03

写真04

写真05

写真06

写真07

夜には鶏屋まさるやんで打ち上げがありました。発表を終えた後のお酒は格別に美味しかったです。上級医の先生方もお酒が入りとても盛り上がっていました。先生方の病院でのお姿と飲み会でのお姿とのギャップに飲み会の度に驚くのですが、とても楽しい時間でした。

写真08

写真09

最後に、何もわからない私に丁寧に指導してくださった谷西先生をはじめ、アドバイスをくださった松岡先生、金澤先生、森松先生、その他の先生方に心より御礼申し上げます。

文責 岡崎