OUAR DIARY

忘年会をおえて。

 平成27年度岡山大学麻酔科蘇生科の忘年会が開催されました。麻酔科ドクターの他に、手術室やICU、CCU勤務のコメディカルの方々など含め、総勢約120名がご出席されました。

写真01

写真02

 はじめに森松教授のご挨拶があり、その中で特に「我々は、変化を恐れない」というフレーズが大変印象的でした。また、当日海外出張されている森田学長、岩崎教授より、テレビ電話を使った生中継放送があり、会場はとても盛り上がりました。
 つづいて、毎年恒例の出し物大会が始まりました。司会の林先生もまた毎年恒例のトップバッターで出演され、ハードルは確実にあがりました。その後は新人グループや選りすぐりのメンバーによる、動画あり、コントあり、ダンスあり、の様々な趣向を凝らした発表の数々でした。

写真03

写真04

 私たちは、麻酔科レジデントとして出場しましたが、会場の雰囲気が和気藹々とした中で「お嫁サンバ」「アイドルダンスメドレー」を踊りきり、温かい声援のおかげで、大変ありがたいことに教授賞を受賞できました。(練習してよかった・・・)1年を締めくくる時期に、大変いい思い出ができました。

写真05

写真06

 2015年は、私は初期研修を終え、麻酔科医として踏み出した最初の1年でした。4月から考えてみれば、日々やみくもにただ働いている中で、医師としての精神面・知識面・技術面などで、少しずつ前に進めているのか不安な日々ですが、まわりに支えられながらこれからも日々精進していきたいと思います。

 忘年会をおえて、これから新しい年の始まりとともに、改めて初心を忘れずに頑張っていこうと思いました。

文責 劉