OUAR DIARY

ASAに参加して

レジデントの佐倉考信です。私は4月から岡山大学麻酔科蘇生科で勉強させてもらっています。当科では入局して1年目の先生を対象にEarly Exposureという形で海外の学会に一度参加させてもらっています。私はその制度を利用して先日ASAに参加するためSan Diegoに行かせていただきました。医師5年目ですが、海外の学会に参加するのは初めてでした。まず驚いたのは学会の参加費の高さです。海外学会の参加費って高いですね。目玉が飛び出そうでした。

学会では岡山大学から岡原先生が2題、佐々木先生が1題発表されました。二人の発表を聞かせていただき、英語で発表、質疑応答することの難しさを肌で感じることができました。

写真01

またその他の講演、ポスター発表を聞いていて、内容は理解できても自分の英語力ではdiscussionすることは難しく、英語力の乏しさを痛感しました。英語力アップが不可欠です。
学会での食事、観光の話をしないわけにいきません。やっぱりアメリカといえば分厚いステーキとハンバーガーですよね。毎日動けなくなるまで肉汁したたる肉を食べ続けた結果、自宅に帰ったときに妻にデブと罵声を浴びせられたのは言うまでもありません。Sea Worldにも足を運びイルカ、シャチのショーを見ました。シャチのショーを最前列で見ながらはしゃいでいて、周りからはきっとCrazy Japaneseと思われていたことでしょう。

写真02

今回の学会に参加して海外の学会とはどういうものか感じることができ、自分もこのような場所で発表できるようになりたいとモチベーションをあげるきっかけになりました。
最後になりましたが、今回このような機会を与えてくださった、森松教授をはじめ多くの先生方に感謝いたします。

写真03