OUAR DIARY

4th European Conference on Pediatric and Neonatal Cardiac Intensive Careで発表しました。

 2015年9月9日〜9月12日にスイスのモントルーで開催された4th European Conference on Pediatric and Neonatal Cardiac Intensive Careで発表する機会を与えて頂きました。初めての海外学会発表の内容を報告させて頂きます。

写真01

 今回のこの学会を選択したのは、小児心臓集中治療に関する国際学会で最大規模であり、レクチャーの内容が充実していたからです。学会発表に加えて小児心臓集中治療領域の知識のアップデートが目的で参加しました。

写真02

発表内容は 「Impact of high-flow nasal cannula oxygen therapy for acute respiratory failure in children after cardiac surgery : A prospective observational study.」でeポスターでの発表でした。発表は座長と他の発表者のみでアットホームな雰囲気でした。口頭のプレゼンテーションの後に質問がありました。座長からは非常に興味深い研究ですねと、あたたかいコメントを頂きました。他の演者からの質問は想定していた質問でしたが、英語での応答が難しく、金澤先生にたすけて頂きました。

写真03

レクチャーはECMO、単心室生理、心臓エコー、透析、肺高血圧、栄養管理、循環モニターなど小児心臓集中治療に関する多彩な内容で知識のアップデートに有用でした。日本でこのような小児心臓集中治療に関するレクチャーをまとめて聞く機会はないので非常に有意義でした。
忙しい中このような機会を与えて頂き感謝しています。ありがとうございました。

写真04

写真05