OUAR DIARY

第49回ペインクリニック学会に参加してきました。

ペインクリニック学会に参加して

レジデントの妹尾です。今回私は第49回ペインクリニック学会へ参加してきました。金曜日の夜に大阪入りし、森松先生はじめペインセンターの先生方と楽しい夜を過ごさせていただき大阪を満喫できました。

最終日の土曜日からいよいよ学会参加となりましたが、会場はグランフロント大阪という2013年に出来たばかりの綺麗な大型施設で、晴天のもと沢山の参加者で盛り上がっていました。
私が受講したプログラムは、プレガバリンやSCSをテーマとした一般演題、遷延する術後痛への対応というシンポジウム等です。神経性疼痛に対して頻用されているプレガバリンが本当に効果を確認して続けられているのかという切り込みや、出血傾向を来した重大な合併症の症例報告などがあり、投薬の是非を見直す機会になりました。SCSについては各病院における取り組み方が中心で、松崎先生の発表も拝聴することができました。日頃ご指導をいただいている先生が対外的に発表されている姿を見て、新鮮であると同時にああなりたいと奮起する思いでした。森松先生におかれましては複数の会場で座長を勤められており、そのご活躍ぶりに改めて尊敬しました。
他にも、ポスター発表や展示場などを見て回り、充実した1日となりました。次回からはぜひ演題発表をもって参加したいと思います。

写真01

文責 妹尾・松崎