直島セミナー終了報告

8月20日(土)、21日(日)の2日間、直島(香川県)のベネッセハウスにて麻酔・集中治療セミナーが開催されました。2016年度のテーマは「循環」。全国各地からたくさんの先生方にご参加いただき、過去最高の人数で大変盛況な会となりました。直島セミナーの様子を当日の写真とともに振り返ってみたいと思います。

2016セミナー写真01

直島セミナーは前日から始まっています!岡山大学病院を見学していただいた後は、当科御用達のお店で美味しいお肉をいただきました。

2016セミナー写真02

2016セミナー写真03

いよいよ直島セミナー1日目です。今年もいい天気に恵まれそうな予感。朝早くから続々と参加される先生方が集合され、直島に向けて出発です!

2016セミナー写真04

2016セミナー写真05

2016セミナー写真06

毎年お世話になっているベネッセハウスに到着後は、森松先生より開会のご挨拶をいただきました。今年度の全体とりまとめは佐々木先生でした。

2016セミナー写真07

2016セミナー写真08

挨拶のあと、早速講義の始まりです。トップバッターは、清水先生。「麻酔が循環に及ぼす影響」について、循環の基本的なところから、普段我々が使用している麻酔薬についてわかりやすく講義していただきました。

2016セミナー写真09

続いては、松岡先生。「麻酔中の輸液と血液製剤」について、輸液の考え方や、輸血製剤の使用について、具体的な数値を示しながら教えてくださいました。

2016セミナー写真10

午前中最後の講義は、松﨑先生の「術中輸液Gold Directed Therapyに関する最新の話題」。GDTの定義や輸液負荷の指標などについて最新のTopicsを交えてお話ししてくださいました。

2016セミナー写真11

午前の部を終えて、ランチへ!参加者もスタッフも一緒になって美味しくいただきました。外はまぶしいくらいのいいお天気で、レストランからの景色も最高でした。

2016セミナー写真12

2016セミナー写真13

再び気持ちを切り替えて、午後の部のトップバッターは、小林先生。ケースシナリオとして「麻酔導入後の予期せぬ低血圧」について、実際の症例の麻酔経過を提示しながら説明いただきました。直島で、珍しいポケモンに遭遇出来たと、満足されてました。

2016セミナー写真14

続いて、谷西先生からもケースシナリオとして「術中の大量出血」についてお話いただきました。大量出血が予想される場合、どのような準備をすればいいのかということや輸血療法についても講義していただきました。

2016セミナー写真15

1日目最後の講義は、予定を少し変更して、森松先生のJournal Club。ICUで遭遇することも多い、AKIについて、重症度と透析導入のタイミングに関する海外論文を紹介していただきました。

2016セミナー写真16

講義が終わって、夕方まで束の間の自由時間。地中美術館に行く人や、周辺を散策する人、それぞれ思い思いに過ごしました。

2016セミナー写真17

2016セミナー写真18

夕方、再度集合して、特別講演の始まりです。特別講演Iは、京都府立医科大学麻酔科の天谷文昌先生をお招きして、
「痛みをどう理解するべきか」というテーマでご講演いただきました。先生ご自身の経歴や経験をふまえながら、麻酔科医が日々向き合っている「痛み」についてわかりやすいお話を拝聴することができました。

レストランへ移動して、夕食です!ここからは少しお酒も入り、より参加者とスタッフが打ち解けて、いろんな話をすることができました。今年度は、直島セミナー開催が花火大会と重なったため、贅沢にもベネッセハウスの目の前に打ち上がる花火を間近で見ることができました。

2016セミナー写真19

2016セミナー写真20

2016セミナー写真21

講義室に戻ると、夜の部ということで部屋の中がガラッと配置換えされていました。

2016セミナー写真22

続いて、特別講演IIは、東京大学医学部附属病院集中治療部の土井先生をお招きして、「集中治療における腎臓と血液浄化」についてお話しいただきました。先生のご専門である腎臓、特に集中治療領域におけるAKI、CKDについてわかりやすく教えていただきました。

そして、毎年恒例のワインパーティー!今年の司会は、森松先生曰く岡大が誇るエンターテイナーのお二人、谷口先生と川上先生です。参加者はチームごとに別れて、美味しいワインを飲みながらクイズ対決をしました。おもしろい問題から専門医試験の問題まで幅広く出題されました。天谷先生、土井先生にもご自身に関するクイズに参加していただきました。見事優勝したチームには、森松先生から商品が授与されました。

2016セミナー写真23

2016セミナー写真24

2016セミナー写真25

この後も、2次会、3次会と楽しい会は続きます。お酒片手に会話も弾み、直島セミナー1日目は終了しました。

2016セミナー写真26

2日目も晴天に恵まれ、会場からは瀬戸内海の穏やかな海を臨むことができました。

2016セミナー写真27

2日目の最初の講義は林真雄先生より「周術期のβブロッカー Update」について、降圧剤とくにβブロッカーが周術期の循環管理にもたらす影響を最新の研究内容を踏まえてお話しいただきました。

2016セミナー写真28

講義の最後を飾るのは金澤先生です。循環モニタリングのケースシナリオとして、術中モニターの変化を見ながら経食道心エコーによる循環評価を教えていただきました。

2016セミナー写真29

2016セミナー写真30

今年のハンズオンは「経食道エコーをマスターしよう」をテーマに、経食道エコー・ミルサスとエコーを用いた橈骨動脈穿刺・ファイバーガイド下挿管の3つのブースに分かれ、それぞれ実際に手を動かしながらの講義です。

2016セミナー写真31

2016セミナー写真32

特に経食道エコーのブースは最新のシミュレーターを用いて臨床の場でみる断層モニターと3D構造を同時に描写しながらプローベ操作や読影・診断について解説してくださり、イメージしやすいと参加者より大変好評でした。

2016セミナー写真33

2016セミナー写真34

2016セミナー写真35

2日間にわたる直島セミナーも全体の記念撮影を終えて、無事に幕を閉じました。

2016セミナー写真36

今年も多くの参加者を迎え、諸先生方による講義やワインパーティーなど楽しくて勉強になる充実した時間を過ごすことができました。来年も楽しみです!

越智香織、越智美咲