麻酔・集中治療セミナー in 直島2015終了報告

2015年度の直島セミナーの始まりです!!

2015セミナー写真01

今年は全国から六人の先生方が、前日から病院見学に来てくれました。
終わった後に、恒例の焼き肉で翌日に向けてエネルギー充填完了!

一夜明けて。。。二日間にわたる直島セミナーのはじまりです!今年も快晴で良いセミナーになる予感がします。

2015セミナー写真02

2015セミナー写真03

今年は、北は北海道から南は島根県まで、
全国からはるばる65名の先生方が参加してくれました。

2015セミナー写真04

2015セミナー写真05

まずは森松教授から開会のご挨拶。昨年に引き続き、テーマ別セミナー第二弾。2015年度のテーマは「呼吸」。
日常の麻酔で疑問に感じることを中心に講義を、また昨年大変好評だった「ケースシナリオ」も設定し、具体的な設問を考えながら受講して頂きました。

2015セミナー写真06

全体のとりまとめは清水が担当致しました。

2015セミナー写真07

まずトップバッターは、杉本先生の「全身麻酔(麻酔薬・筋弛緩薬)による呼吸メカニクスの変化」。まずは麻酔科医としての呼吸管理のベーシックな知識を分かりやすく解説してくれました。

2015セミナー写真08

次は、松岡先生の「基本的な人工呼吸モード ~陽圧換気の実際~」。取っつきにくい人工呼吸についての手ほどきをしながら、最近の流れまで解説してくれました。

2015セミナー写真09

午前中最後は、林先生の「呼吸器外科手術の麻酔~換気と血流のバランス~」の講義。興味はあっても中々理解しにくい内容をしっかりまとめてくれました。
非常に勉強になりました。

2015セミナー写真10

2015セミナー写真11

今年は海外から岡大へ来られていた李先生(中国)、オドゲレル先生(モンゴル)にもご参加頂きました。

午前の部は終了しランチへ!スタッフ、参加者の方々同士で顔を合わせながらお食事を。

2015セミナー写真12

2015セミナー写真13

お腹もいっぱいになったところで、午後の部スタート!

好評企画のCase scenarioシリーズへ突入しました。

2015セミナー写真14

先頭を飾るのは、小林先生による「Case scenario(1) 低肺機能患者の麻酔」。臨床で麻酔をする際に非常に考えさせられる病態の一つです。管理での注意点を的確に教えて頂きました。

2015セミナー写真15

そして、佐々木先生の「Case scenario(2) 気道病変患者の麻酔」。重症例を術前から見抜く点や、術中管理のポイントを教えて頂きました。

2015セミナー写真16

最後に、金澤先生の「Case scenario(3) 気管切開手技中の予期せぬ合併症」。非常に重篤な結果を招いた症例提示を通して、合併症の早期認知を感じさせられました。

事後のアンケートでもこのシリーズは人気が高く、症例提示によるアプローチはみなさんのお役に立てたと思います。

2013セミナー写真17

ここで第一日目の講義は終了し、自由時間へ。参加者の皆さんは、屋内を出て、直島というすばらしい島を散策し、堪能頂けましたでしょうか?

2013セミナー写真18

2013セミナー写真19

2013セミナー写真20

夕方からの夜の部は、お越し頂いたお二人の先生にご講演頂きました。

2013セミナー写真21

まずは、島根大学医学部麻酔科学教授 齊藤 洋司先生に「研究のすゝめ」のご講演を賜りました。臨床での疑問から研究への発展など、研究と臨床のバランスについて大変勉強になりました。多くの参加者から、研究にも興味を持つようになりました、との感想を頂きました。

ありがたくお話を頂いたのちに夕食へ。お互いに会話をしながら、おいしいご飯、お酒を頂き、楽しい時間を過ごせました。

2013セミナー写真22

2013セミナー写真23

すっかり日も落ち、外は静けさに包まれていきました。しかし、セミナーはこれからまだヒートアップして参ります。部屋はガラリと模様替えされ、より参加者に一体感が。

2015セミナー写真24

お二人目の講師は、東北大学麻酔科学教授 山内 正憲先生。「麻酔科医の未来を探る」のご講演を頂きました。研究、臨床に関する非常に熱のこもったバイタリティー溢れる論調で、受講者のみなさんもすっかり引き込まれておりました。

2015セミナー写真25

2015セミナー写真26

そして、恒例の最後の企画、「ワインパーティー」!チームに別れ、対抗クイズ大会へ。
今年の司会は、佐々木先生(左)と、去年のリベンジ?を狙う岡原先生(右)との二人で大いに盛り上げてくれました。例年にも増して、大きな笑いで会場は包まれていました。

2015セミナー写真27

アルコールもしっかり入り、みんな力を合わせて様々なクイズに挑戦しました。齊藤先生、山内先生にも、ご自身にまつわるクイズにご参加頂きました。

2015セミナー写真28

2015セミナー写真29

見事優勝チームには、森松教授から豪華景品の贈呈!おめでとうございました。
この後、夜更けまで二次会、三次会へと続き、、、お酒片手に麻酔の未来などについて語りながら、時間はあっという間に過ぎていきました。

2015セミナー写真30

2015セミナー写真31

2015セミナー写真32

さて、睡眠はそこそこに二日目の朝を迎えました。

2015セミナー写真33

トップバッターは、鈴木先生の「酸素は必要か?」という最近話題の分野の講義でした。他ではまだ余り聞けない内容でした。当たり前だと思っていた酸素療法について、考える良い機会になったのではないでしょうか。

2015セミナー写真34

次いで、松﨑先生の「JSA気道ガイドラインを極める」。麻酔科医にとって切っても切り離せない分野である気道管理について、順を追って解説して頂きました。

2015セミナー写真35

森松教授のJournal clubをもって、二日間にわたる座学は終了!!
長時間の講義を本当にお疲れ様でした。

直島セミナーの大トリは、ハンズオン。
今年の企画は「呼吸」に因んでの「麻酔器シミュレーション」「実践 肺保護換気」に加えて、人気の「エコーガイド下神経ブロック」の三種類を行いました。

「麻酔器シミュレーション」は吸入麻酔薬、麻酔器の構造などについて麻酔器のシミュレ−ションモデルを用いた内容で、佐々木先生担当。ガス流量によるリアルタイムな変化を目の当たりにすることで、理解も深まりました。

2015セミナー写真36

「実践 肺保護換気」は岡原先生担当。精巧に出来た?動物の肺で、最新の麻酔器で肺保護換気を実践し、グラフィックモニターを駆使しながらPEEPやリクルートメント手技について解説しました。

2015セミナー写真37

「エコーガイド下神経ブロック」は賀来先生、松岡先生、松﨑先生、金澤先生、鈴木先生、杉本先生担当で、上肢・下肢・体幹に分かれて行いました。

2015セミナー写真38

2015セミナー写真39

そして、参加者全員で記念撮影!

2015セミナー写真40

参加者の皆様、お疲れ様でした。また、どこかでお会いできることを願っています。