直島セミナー終了報告

岡山大学麻酔科の夏といえば、直島セミナー!今年も多くの参加者に全国各地よりお集まりいただき、8月24日(土)、25日(日)、直島セミナー2019が開催されました。今年のテーマは『循環』。なかなか体験することのできない貴重な講義やハンズオンセミナー・・だけではない!直島のきれいな海とアートな環境の中、最高に盛り上がった2日間の思い出を語っていきたいと思います!
セミナー前日、10名の先生が岡山大学麻酔科の見学ツアーに来てくださいました。夜は焼肉を囲み、親睦を深めるとともに直島セミナーへの意気を高めました。

2019セミナー終了報告写真01

セミナー開始当日、朝早くからお集まりいただいた50名の参加者とともに、宇野港からフェリーで直島へ出発です。今年、直島は3年に一度の芸術祭!たくさんの観光客でにぎわう中、ベネッセハウスへ到着し、いよいよセミナーの始まりです。

2019セミナー終了報告写真03

2019セミナー終了報告写真04

まずは森松教授によるJournal Clubです。心臓麻酔における吸入麻酔vs全静脈麻酔の論文を、紐解いて頂きました。初学者にとっても非常にわかりやすく、心臓麻酔に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

2019セミナー終了報告写真05

その後、清水先生による『麻酔と循環評価』、林先生による『循環作動薬』、黒田先生による『輸液とモニター』と、当科人気講師陣の講義が続きます。循環管理を考える上での基本となる考え方や臨床への応用の仕方など、一見すると難しそうに思える内容が、すんなりとなじんでくる・・・とても勉強になる時間でした。

2019セミナー終了報告写真06

2019セミナー終了報告写真07

2019セミナー終了報告写真08

日笠先生による、麻酔中の血圧低下についての実際の症例をもとにしたケースシナリオです。身近に起こり得る状況の原因検索や対応について、一歩立ち止まって考える大切なステップをみんなで共有しました。

2019セミナー終了報告写真09

今年はランチョンセミナーとして、国立循環器病研究センター病院 副院長の大西佳彦先生より心臓手術麻酔についてお話頂きました。国立循環器病研究センターでの数多くの症例をもとに、大西先生の豊富なご経験を教えていただき、若手医師にとっては、心臓麻酔の実際を感じる良い機会になったのではないでしょうか。

2019セミナー終了報告写真10

そして今回は、和歌山県立医科大学 麻酔科教授の川股知之先生にお越しいただき、『麻酔科医と痛み』というテーマで特別講演をして頂きました。ユーモアあふれる川股先生のお話に惹きつけられながら、痛みのメカニズムから、Virtual Realityを利用した痛み治療についてなど最近のトピックスについても触れていただき、改めて麻酔・痛み治療の面白さを感じました。

2019セミナー終了報告写真11

約3時間の自由時間では、ベネッセハウスの素敵なホテル空間をゆったりと堪能した方、地中海博物館でアートを感じた方、海を眺めて過ごした方、直島のオブジェと戯れた方・・・様々に楽しんでいただきました。

また、トレーニングセミナーではブタ肺のリアルラング展示があり、PEEPの働きを目で見て感じる貴重な体験ができた方も多かったと思います。

2019セミナー終了報告写真12

その後、特別講演Ⅱでは、大阪市立大学 医療統計学教授の新谷歩先生より、『ICUにおける臨床研究』をご講演いただきました。“臨床での身近な疑問を研究へ”“臨床研究をしたいとう気持ちが大切”という熱いメッセージが若手医師の刺激になりました。女性としてのキャリア、家庭との両立についてなど、感銘を受けた女性参加者は多かったように思います。

2019セミナー終了報告写真13

瀬戸内海の食材いっぱいの豪華ビュッフェで夕食です。参加者同士や、岡山大学スタッフとの交流を楽しみながら頂きました。ちょうどお腹が満たされた頃には、大きな花火が!浜辺のデッキからみんなで眺めました。

2019セミナー終了報告写真14

2019セミナー終了報告写真15

食事のあとは、直島セミナー夜の大イベント、ワインパーティーです。今年は、岡大きってのイケメンコンビ、小野先生と中村先生が司会を務めました。同期の二人で、息ぴったりの司会進行と楽しいクイズ・ゲームを繰り広げ、笑い声あふれるワインパーティーになりました。

2019セミナー終了報告写真16

2019セミナー終了報告写真17

川股先生には特別審査員としてパーティーにご参加いただき、厳しい審査に会場は大盛り上がりでした。

2019セミナー終了報告写真19

2019セミナー終了報告写真20

パーティーの熱気もそのまま、二次会はラウンジでお酒を交わし、夜が更けるまで語り明かしました。岡山大学麻酔科の夜の魅力も、存分に感じていただけたことと思います。

2019セミナー終了報告写真21

2019セミナー終了報告写真22

2日目は、ハンズオンセミナーです。『ベッドサイドで使える経胸壁エコー』、『Difficult Airway Management』、『中心静脈穿刺』の3つのブースを参加者が順にまわっていきます。
経胸壁エコーのブースでは、基本的なviewの出し方を丁寧なレクチャーとともに繰り返し練習し、回数を重ねるごとに迷いなく描出できるようになる参加者がたくさんいました。
中心静脈穿刺は、CVだけではなくPICCのシミュレーションもありました。スタッフの先生から安全で確実な穿刺のコツを教えていただけたと思います。ファイバー挿管は初めての方が多かったと思いますが、一度やっておくと困難気道に出会ったときの自信になりますね。機器の台数が多く、それぞれの時間もたっぷりと設けられているため、一人一人が十分にトレーニングをすることができたのではないかと思います。

2019セミナー終了報告写真24

2019セミナー終了報告写真23

2019セミナー終了報告写真26

ハンズオンセミナー終了後は、昼食を食べ、全員で集合写真をとり、名残惜しいですが直島を後にしました。

2019セミナー終了報告写真27

2019セミナー終了報告写真28

みなさまのおかげで、直島セミナー2019は大成功となりました。お世話になった方々、お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。またぜひ、岡山大学麻酔科へいらしてください。
またお会いできるのを楽しみにしています!

文責 駿河磨矢