教室員再教育

岡山大学病院麻酔科蘇生科では教室員教育の一環として早朝抄読会や
Research Conferenceを行っています。
また各専門コースも抄読会を行っています。

Research Conference

毎週月曜日の夕方にはResearch Conferenceを行っています。

  1. 研究プロトコール報告
  2. 研究成果報告
  3. 学会予行、成果報告
  4. Morbidity and Mortality Report
  5. 外部講師の講演

などを行っています。教室全体で研究に取り組む姿勢の一つです。

早朝抄読会(モーニングカンファレンス)

毎週月・火・木曜日の朝7時40分から行っています。
専門医取得も視野に入れたやや質の高い・一歩踏み込んだ題材を用意しています。

小児心臓麻酔グループ輪読会

小児心臓麻酔グループは毎週月曜日の朝7時00分からCarol L. Lake著の「Pediatric Cardiac Anesthesia」の輪読会を行っています。
本会の目的は、英語原書の成書の精読を通じてこの分野の知識を復習・整理し、また若手医師が英語に慣れ親しむことです。

ペインセンター抄読会・ペインセンター症例検討会

ペインセンター抄読会は毎週火曜日の朝7時20分から行っています。
入院患者の症例検討および抄読会を中心に講義、研究プロトコールの作成や報告なども行います。

初期臨床研修医を対象にしたシミュレーション教育

第1もしくは第2水曜日に開催しています。高機能シミュレーターを用い全身麻酔の導入、中心静脈穿刺、動脈カテーテルの挿入、気管支ファイバーの操作を習得します。
毎月、中四国地方で研修している5-10名の先生が参加しています。

岡山麻酔蘇生セミナー 直島セミナー

月に1回主に第3金曜日に行われる岡山麻酔蘇生セミナーは外部の著名な講師をお招きしています。各分野の専門家に詳しくご講演いただいており教室員の良い刺激となっています。
毎夏に恒例となった直島セミナーは毎年8月末に1泊2日で瀬戸内海に浮かぶ直島で開催しています。若手医師を対象に麻酔科領域全般の系統講義を行います。大学スタッフの講義に加え、外部の講師をお招きしてご講演をいただいております。アートとリゾートの島、直島でよく学び、またよく遊び同じ時間を過ごして交流も深まります。