「ロボット援助腹腔鏡補助下前立腺摘出術中の鎮痛薬使用と副作用の関連性」へご協力のお願い

2017年3月1日~2018年3月31日の間に当科において
研究「ロボット援助腹腔鏡補助下前立腺摘出術における術野局所麻酔浸潤下の
腹横筋膜面ブロックが鎮痛効果に与える影響」にご協力いただいた患者様へ

研究機関名 岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科

研究機関長

那須 保友

研究責任者

岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 麻酔・蘇生学分野 助教 谷西 秀紀

研究分担者

岡山大学病院 集中治療部 助教 松﨑 孝
岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 麻酔・蘇生学分野 教授 森松 博史

1. 研究の概要

1)研究の背景および目的

皆様にご協力いただきました研究「ロボット援助腹腔鏡補助下前立腺摘出術における術野局所麻酔浸潤下の腹横筋膜面ブロックが鎮痛効果に与える影響(以下TAPブロック研究)」につきまして、得られました結果を検討する過程で、手術中に用いた鎮痛薬の使用量とそれに関連する副作用について追加で情報を得る必要があることが分かりました。この研究は上記について、診療記録(麻酔記録を含む)から情報を得て、術中鎮痛薬の使用と副作用の関連性を調べることを目的とします。

2)予想される医学上の貢献及び研究の意義

得られた情報はTAPブロック研究の情報の一部として組み込みいたします。研究成果により将来の医療の進歩に貢献できる可能性があります。

2. 研究の方法

1)研究対象者

2017年3月1日~2018年3月31日の間に岡山大学病院 麻酔科蘇生科においてTAPブロック研究にご協力いただいた方100名を研究対象とします。

2)研究期間

倫理委員会承認後~2019年4月30日

3)研究方法

2017年3月1日~2018年3月31日の間に当院においてロボット援助腹腔鏡補助下前立腺摘出術を受けられた方のうち、TAPブロック研究にご協力いただいた方について、手術中の鎮痛薬(レミフェンタニル)の使用量、術後24時間に嘔気嘔吐あるいは呼吸抑制の出現の有無と程度につき、研究者が診療情報から抽出し、手術中の鎮痛薬使用が副作用に与える影響を調べます。

4)使用する情報

この研究に使用する情報として、カルテから以下の情報を抽出し使用させていただきますが、氏名、生年月日などのあなたを直ちに特定できる情報は削除し使用します。また、あなたの情報などが漏洩しないようプライバシーの保護には細心の注意を払います。

  • 手術中の鎮痛薬(レミフェンタニル)の使用量
  • 術後24時間における嘔気嘔吐・呼吸抑制の出現の有無、あった場合はその対策の有無
    (対策に用いた薬剤を含む)
5)情報の保存、二次利用

この研究に使用した情報は、TAPブロック研究に追加データとして組み込み、2023年9月30日(TAPブロック研究の情報保存期間と同じ)まで、岡山大学医学部臨床研究棟3F麻酔・蘇生学教室内で保存させていただきます。また、TAPブロック研究において同意が得られている場合、将来の研究のための貴重な資源として、匿名化したまま2028年12月31日まで保管させていただきます。電子情報の場合はパスワード等で制御されたコンピューターに保存し、その他の情報は施錠可能な保管庫に保存します。なお、保存した情報を用いて新たな研究を行う際は、倫理委員会にて承認を得ます。

6)研究計画書および個人情報の開示

あなたのご希望があれば、個人情報の保護や研究の独創性の確保に支障がない範囲内で、この研究計画の資料等を閲覧または入手することができますので、お申し出ください。

また、この研究における個人情報の開示は、あなたが希望される場合にのみ行います。あなたの同意により、ご家族等(父母(親権者)、配偶者、成人の子又は兄弟姉妹等、後見人、保佐人)を交えてお知らせすることもできます。内容についておわかりになりにくい点がありましたら、遠慮なく担当者にお尋ねください。

この研究は氏名、生年月日などのあなたを直ちに特定できるデータをわからない形にして、学会や論文で発表しますので、ご了解ください。

この研究にご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。また、あなたの情報が研究に使用されることについて、あなたもしくは代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、2019年3月31日までの間に下記の連絡先までお申し出ください。この場合も診療など病院サービスにおいて患者の皆様に不利益が生じることはありません。

問い合わせ・連絡先

岡山大学 医歯薬学総合研究科 麻酔・蘇生学分野

氏名
谷西 秀紀
電話
086-235-7327(平日:9時00分~16時00分)
ファックス
086-235-7329