20th MOMO seminar

2022.05.22 お知らせ

第20回 MOMOセミナー開催報告書 (2022年5月20日(金) 19時~)

文責: 山﨑 友輔 (福山市民病院 麻酔科)

 

・2022年5月20日(金)の19時からZOOM meeting上で、第20回 MOMOセミナーを開催しました。今回のセミナーは ① コーディネーター卒業講演と② 麻酔科専門医試験口頭試問勉強会を実施しました。

 

① MOMOセミナーコーディネーター卒業講演 (担当: 山﨑, 鄭先生 (岡山赤十字病院))

・今回のMOMOセミナーをもって、私山﨑と鄭先生はセミナーのコーディネーターを卒業し、新しい先生方にその役割を引き継ぎます。今回森松教授には卒業に際し、MOMOセミナーで卒業講演の機会を設けていただきました。私は麻酔科医としてのこれまでの経歴、今後の目標・抱負等を語らせていただきました。私自身は学生時代~初期研修医の途中までは麻酔科は全く志望していませんでしたが、初期研修病院のさいたま赤十字病院で出会った麻酔科の先生方に麻酔科学の魅力を教えていただき、その虜となって今に至ります。麻酔科医としての最初の1年目は岡山大学病院で仕事をさせていただきました。大学病院ならではの様々な症例に対して、何度も自分の知識・実力不足を実感し、周囲にも沢山迷惑をかけてしまいました。そんな中でも最後まで根気強く向き合ってくださった指導医や支えてくれた同期、改めて周りの人々の存在に恵まれていたと痛感しております。今後は自分自身麻酔科医として更に修練を積みながら、自分より下の先生方に麻酔科の魅力を伝えることのできる存在になれるよう努力していきたいです。同期の鄭先生も自身のこれまでの経緯や今後のキャリアパス等、しっかりと語られていました。同期として、私自身も良い刺激をもらいました。

 

② 麻酔科専門医試験口頭試問勉強会 (参加者一同)

・今回この企画は3回目となります。今回も参加者一同で、専門医口頭試問の公開されている過去問を検討しました。今回、この企画に初めて参加された先生方もいらっしゃいました。口頭試問は実際に私たちが日常診療で遭遇しうる症例、術中の麻酔管理、トラブルに対する対処法等を問われます。知識として理解していることでもそれを他者に伝えること、言語化することの難しさを多くの先生方が実感されていました。また普段何気なく行なっている診療行為に対しても、その根拠を聞かれると、回答に困ることもあるとの意見もありました。

 

③ デブリーフィング (希望者)

・セミナー終了後は、希望者でデブリーフィングを行いました。デブリーフィングでは、他病院の学年の近い先生方と交流のできる貴重な場です。この4月から新天地で活躍されている先生方も多く、互いの近況報告であったり、日常診療で抱いた疑問等を話し合ったりしました。私自身もこのデブリーフィングでは他の先生方の話から知らなかった知見を得たり、自分の疑問や悩みを聞いていただいたり、他の先生方の活躍に刺激とモチベーションをいただいたりと有意義な時間を過ごしています。