20th MOMO seminar

2022.05.22 お知らせ

第20回 MOMOセミナー開催報告書 (2022年5月20日(金) 19時~)

文責: 山﨑 友輔 (福山市民病院 麻酔科)

 

・2022年5月20日(金)の19時からZOOM meeting上で、第20回 MOMOセミナーを開催しました。今回のセミナーは ① コーディネーター卒業講演と② 麻酔科専門医試験口頭試問勉強会を実施しました。

 

① MOMOセミナーコーディネーター卒業講演 (担当: 山﨑, 鄭先生 (岡山赤十字病院))

・今回のMOMOセミナーをもって、私山﨑と鄭先生はセミナーのコーディネーターを卒業し、新しい先生方にその役割を引き継ぎます。今回森松教授には卒業に際し、MOMOセミナーで卒業講演の機会を設けていただきました。私は麻酔科医としてのこれまでの経歴、今後の目標・抱負等を語らせていただきました。私自身は学生時代~初期研修医の途中までは麻酔科は全く志望していませんでしたが、初期研修病院のさいたま赤十字病院で出会った麻酔科の先生方に麻酔科学の魅力を教えていただき、その虜となって今に至ります。麻酔科医としての最初の1年目は岡山大学病院で仕事をさせていただきました。大学病院ならではの様々な症例に対して、何度も自分の知識・実力不足を実感し、周囲にも沢山迷惑をかけてしまいました。そんな中でも最後まで根気強く向き合ってくださった指導医や支えてくれた同期、改めて周りの人々の存在に恵まれていたと痛感しております。今後は自分自身麻酔科医として更に修練を積みながら、自分より下の先生方に麻酔科の魅力を伝えることのできる存在になれるよう努力していきたいです。同期の鄭先生も自身のこれまでの経緯や今後のキャリアパス等、しっかりと語られていました。同期として、私自身も良い刺激をもらいました。

 

② 麻酔科専門医試験口頭試問勉強会 (参加者一同)

・今回この企画は3回目となります。今回も参加者一同で、専門医口頭試問の公開されている過去問を検討しました。今回、この企画に初めて参加された先生方もいらっしゃいました。口頭試問は実際に私たちが日常診療で遭遇しうる症例、術中の麻酔管理、トラブルに対する対処法等を問われます。知識として理解していることでもそれを他者に伝えること、言語化することの難しさを多くの先生方が実感されていました。また普段何気なく行なっている診療行為に対しても、その根拠を聞かれると、回答に困ることもあるとの意見もありました。

 

③ デブリーフィング (希望者)

・セミナー終了後は、希望者でデブリーフィングを行いました。デブリーフィングでは、他病院の学年の近い先生方と交流のできる貴重な場です。この4月から新天地で活躍されている先生方も多く、互いの近況報告であったり、日常診療で抱いた疑問等を話し合ったりしました。私自身もこのデブリーフィングでは他の先生方の話から知らなかった知見を得たり、自分の疑問や悩みを聞いていただいたり、他の先生方の活躍に刺激とモチベーションをいただいたりと有意義な時間を過ごしています。

Prediction Model of Extubation Outcomes in Critically Ill Patients: A Multicenter Prospective Cohort Study

2022.05.15 お知らせ

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35566646/

. 2022 Apr 29;11(9):2520.

doi: 10.3390/jcm11092520.

Prediction Model of Extubation Outcomes in Critically Ill Patients: A Multicenter Prospective Cohort Study

Affiliations

 

Association between the Remifentanil Dose during Anesthesia and Postoperative pain

お知らせ

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35503447/

 

. 2022 Apr;76(2):187-193.

doi: 10.18926/AMO/63413.

Association between the Remifentanil Dose during Anesthesia and Postoperative pain

Affiliations

Free article

 

お知らせ

8th MAP seminar

2022.05.13 お知らせ

8th MAP Seminar Report

Date: May 13, 2022

Speaker: Dr. Yoshiaki Shin, Dr. Lu YiFu and Dr. Yukiko Hikasa

We conducted our 8th MAP seminar on May 13.2022. 14 members participated in this seminar.

 

The first speaker was Dr Shin. His research topic is that exogenous HRG supplementation improves the survival rate of sepsis mice. He examined mesenteric vessels in mice with a high-speed scanning confocal lens. He videotapes neutrophils’ adherence to blood vessels, platelet aggregation, occlusion of capillary vessels, and endothelial disorders. It’s very clear in the image. The professor also gave affirmation, wishing him the future research smoothly.

 

The second speaker was Dr Lu. His research topic is the activation of DEX on autophagy in HSR model rats. He sampled and analyzed the lung tissues of the HSR rat model, and divided the rats into groups to observe the lung injury of the rats 24 hours after de administration and the autophagy level of the lung tissues, so as to determine the autophagy activation effect of Dex. The professor gave suggestions on the research content and the writing of the follow-up paper.

 

Finally, Dr. Yukiko conducted a retrospective study on fluid therapy and postoperative complications in minimally invasive esophagectomy for esophageal cancer in a hospital. She collected information from 135 eligible patients and discussed the relationship between intraoperative fluid balance and postoperative complications. The paper has been published and should help manage this type of surgery in the future. The professor praised her research and publication at the meeting.

 

In the MAP seminar, the three speakers delivered their presentations in English and participated in the discussion with others after the presentation under the auspices of the professor. At the conference, the presenter got the opportunity to publish in English and had more understanding of his research during the discussion, which provided more ideas for their research. Other participants also learned more about clinical and basic medical research through the conference. The conference was very helpful to us. Looking forward to the next meeting.

PONVセミナーでした。

2022.05.06 お知らせ

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32467512/

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33075160/

Cochrane systematic reviewでは24時間以内の嘔吐に関しては

Aprepitant RR 0.26 (0.18 to 0.38), Ramosetron RR 0.44 (0.32 to 0.59), Granisetron RR 0.45 (0.38 to 0.54), Dexamathasone RR 0.51 (0.44 to 0.57), Ondansetron RR 0.55 (0.51 to 0.60)でした。