初期研修リポート

2020.11.15 お知らせ

  • 自己紹介

岡山大学病院初期研修医1年目、生年月日は1994年8月14日で26歳です。出身は岡山県美咲町で田んぼと山に囲まれた自然豊かな土地で育ちました。津山高校、広島大学を卒業して今に至ります。部活は中学・高校が卓球部で大学は帰宅部でした。大学には岡山県地域枠として入学したため、卒業後は岡山県に帰ってきました。医師になりたいと思ったのは高校生の時で、高校のOBで医師をしている方の講演を聴き、医師という職業に憧れ自分も社会貢献できる人間になりたいと思い大学受験で医学部を目指しました。趣味は美味しいものを食べることで、お寿司と焼き肉が好きです。お酒も飲めます。

  • なぜ麻酔科研修

麻酔科研修を選択させて頂いた一番の理由は静脈ラインやAライン、気管挿管などの手技を習得したかったからです。また人工呼吸器にも触れる機会がこれまであまりなかったため、モニターの読み方や設定について学びたいとも思っていました。岡山大学病院の麻酔科は全国的にも有名で、自分が研修している病院にそのような科があるということで是非研修させて頂きたく思いました。

  • 良かったこと、悪かったこと

麻酔科の先生方は積極的に手技などをさせて下さり、経験を積む機会を多く与えて頂きました。そのため、事前にいろいろ予習をしておこうと研修のモチベーションも上がりました。朝のカンファレンスや麻酔科控室での雰囲気も良く、先生方は研修医のことをよく気にかけて下さっていたのでとても居心地がよかったです。2か月間を通してgoogle driveのポートフォリオや研修目標達成シートを評価してくださる先生がいてくれるのですが、その先生と一緒に麻酔に入ることがあまりできなかったのが残念でした。先生によってはお忙しくて研修医と同じ手術につくことができないと思いますが、できれば最初と最後の1週間は2か月間評価をしてくださる先生について麻酔をしたかったです。しかし、比較的一緒に麻酔に入ることが多かった先生の中で、研修が始まった時に比べて自分が成長したということを伝えて下さる先生もいらっしゃって、とても励みになりました。

  • 将来展望

今のところ内科医になろうと思っていますが、具体的にはまだ決まっていません。学生の頃、勉強は得意ではありませんでしたが、国家試験のために勉強をしていく中で年齢、性別や臓器にかかわらず、患者さんの背景を考えながら全身を診れるようになりたいと思うようになり総合診療に興味を持ちました。自分は地域枠出身ということで、一定年数地域で勤務するため地域に根ざした家庭医を目指すのも視野の一つとして考えています。

  • まとめ

麻酔科研修ではライン確保や挿管などの手技を習得したいというのが当初の目標であり、2か月間で多くの実践を積むことができました。また先生方の麻酔に対する考え方や、実際に人工呼吸器や薬剤を使用することで理解を深めることができ有意義な研修をさせて頂きました。イメージ通りにいかないことも多々ありましたが、その都度指導医の先生方からフィードバックを頂き、正しい手法を学び次に何を気を付けるべきかを考えて活かすことができました。研修が始まる前は手技に対する不安が大きかったですが、この2ヵ月間の麻酔科研修で当直の救急外来などでも手技をする際に自信をもってできるようになりました。術前評価では患者さんの全身状態を把握し、一番良い麻酔方法を考え、術中・術後管理も常に患者の状態を把握しておかなければならず、また手術についても全体の流れを知っておきそれに合わせた麻酔管理が必要であり、麻酔科は非常に専門性が高い科であると実感しました。日々忙しく大変な科でありながら、使命感を持って仕事をしておられる先生方の姿をみて自分も麻酔科研修を頑張ることができました。ICU管理やペインクリニックなどまだあまり触れることができていない領域もありまた機会があれば研修をさせて頂きたいと思いました。2か月間ありがとうございました。

初期研修リポート

お知らせ

  • 自己紹介

香川県立丸亀高校、岡山大学出身です。大学時代は三俣診療班に所属していました。

  • なぜ麻酔科研修

マイナー外科に興味があり、麻酔科の視点から周術期管理を学びたかったので研修させていただきました。

  •  良かったこと、悪かったこと

挿管やルート確保の手技や、それぞれリスクがある患者の周術期管理についてたくさんの先生から学ぶことができてよかったです。

前日に担当症例が変わり、外勤先の先生にカルテを見られていない状況でリスクの高い症例を術前相談しなければならない時に困りました。

  • 将来展望

眼科か形成外科を考えています。

  • まとめ

2ヶ月間たくさんの先生方に熱心にご指導していただき、大変勉強になりました。ありがとうがざいました。

初期研修リポート

お知らせ

  • 自己紹介

岡山大学病院研修医一年目、岡山県岡山市出身、出身大学は関西医科大学です。中高時代は硬式テニス部、大学ではバドミントン部に所属していました。体を動かすことが好きで、卓球やゴルフなどもしています。

好きな言葉は「一生懸命」です。一度やろうと決めたことに対して最後まで一生懸命に取り組む姿勢を常日頃から心がけるようにしています。将来は、生まれ育ったこの馴染みのある岡山の地で総合診療医として貢献したいと考えています。

  • なぜ麻酔科研修

私が麻酔科を研修させていただきたいと思ったのは、静脈路確保をはじめとして、挿管や動脈ライン確保など多くの手技に慣れて早く自信をつけたいと思ったこと、術前評価から術中の呼吸・循環管理、術後の疼痛管理まで、周術期の患者さんの全身を診ることを通じ、全身管理について学ぶことができると思ったからです。

  • 良かったこと、悪かったこと

麻酔科で2ヶ月研修してみての感想ですが、まず良かった点としては、前もって発表される麻酔症例を確認し、術前評価をしっかり行うことで、様々な病歴や疾患を抱えた患者さんに対してどのような経緯で診断や加療がなされてきたのかを学ぶことができ、手術や服薬の知識を得ることができるだけでなく、心電図や画像などしっかり評価してリスク状態を調べる習慣をつけることができます。

手術室では、静脈路確保や動脈ライン、挿管や抜管、胃管やCV挿入、輸血ラインなど、研修医が習得すべき多くの手技や麻酔管理を研修医主体でやらせて頂けたことで、はじめは不慣れでなかなか上手くいかない日々が続き不安なことも多々ありましたが、毎日行うことで徐々にコツや感覚を掴み、自信を持って挑むことができるようになりました。

上級医の先生方が尊敬できる先生方ばかりで、困ったこと不安なことはどの先生にも相談しやすく、様々な方法を教えていただけます。基本的には自由に自分で考えて行動できる環境ですが、フォローもしっかりして頂けるので、安心して研修できます。私たちの成長度をみていただきつつ、段階的に難しいことや新しいことに挑戦させていただけるので、日々自分の成長を実感できます。また何より、ON/OFFがはっきりしているため時間外は勉強の時間や、休息の時間も十分確保できるのでとても魅力的だと感じました。

麻酔科研修において悪かった点、というより少し困惑したこととして強いて挙げさせていただくとすれば、毎日異なる上級医の先生方と症例に携わるため、先生によってお考えやご指導の内容、術中の対応などが違うため、昨日学んだやり方と今日のやり方が必ずしも同じとは限らなかったり、使用する薬剤の好みなどもおありなので、対応に困ったりなどする場面が多々あったことです。しかし、その対応を選択される理由が必ずおありなので、その都度根拠を持ってわかりやすく教えてくださり、こういう考え方もあるのだと、様々な視点を学ぶことができました。また、朝のカンファレンスの前までに当日の朝に麻酔器の立ち上げや準備があるため、他の診療科での研修中よりも朝が早くなるため、朝が弱いと生活リズムに慣れるまでは辛かったですが、早起きの習慣がつくので今後の研修でも続けていこうと思えるようになりました。

  • 将来展望

麻酔科で2ヶ月間、密度の濃い研修をさせていただけたことで、今後の研修や医師人生を歩んでいく上でも、総合的な知識を以てまずは「自分で考えて」色々な視点から日々の診療に能動的に臨んでいこうと強く感じております。2ヶ月間、長いようでかなり短く感じましたし、より幅広く、重症ハイリスク症例の麻酔管理やICU管理など、まだまだ学ばせていただきたいこともたくさんあるため、2年目の研修でもまた選択させていただければと考えております。

  • まとめ

麻酔科での2ヶ月を終えて、研修前の自分と比べると、手技に自信を持てるようになっただけでなく、『患者さんときちんとコミュニケーションをとる』、『患者さんをしっかり診る』、『状態の変化を把握し、適切に対応する』という医師としての基本的姿勢を身に付けることができました。どんなに初歩的な質問や手技でも上級医の先生方が気さくに丁寧に熱心にご指導してくださったり、空いた時間には麻酔科についてだけでなく将来の医師としての経験の積み方や人生相談をしてくださるなど、想像以上に多くのことを学ばせていただきました。麻酔科で研修させていただいたこの2カ月間は私にとって筆舌しがたいかけがえのない、とても充実した時間だったと感じております。お世話になった先生方、温かく見守ってくださったコメディカルの方々、本当にありがとうございました。

初期研修リポート

お知らせ

  • 自己紹介

研修医一年目、島根大学出身です。春から岡山大学病院で研修させていただいています。

お肉を食べることが好きです。

  • なぜ麻酔科研修

自分のできないこと自信がない事を考えた時に、それをできる様にするためには必須と考えたからです。

実際に麻酔科研修を終えてみて、先生方の手厚いご指導のおかげで手技から全身管理の基本的な考え方などに至るまで到達したかった目標は達成できました。

  • 良かったこと、悪かったこと

正直なところ良かったことしかありません。

いろいろな先生方につかせていただくおかげで、いいなと思うところを毎日吸収して次の日以降取り入れてみて実際にactionを起こすという理想的なP D C Aサイクルを毎日繰り返し行えました。

  • 将来展望

まだ正直なところ決められません。

自分が医師になりたいと思った純粋な気持ちと大学時代の考え方、そして実際に働いて感じたことを総合的に考えて最終的には直感的になりたい医師像を明確にしたいと考えています。

 

秋セミナーオンラインです。

お知らせ

オンラインですので、メールで連絡して下さいね。

真鍋先生の国内留学報告書です。

2020.11.11 お知らせ

がんセンターでの3年間を振り返って

医員 真鍋 星

私は岡山大学を卒業後、岡山大学独自のARTプログラム(Advanced Research Training program)を利用して、岡山大学病院での初期研修医と岡山大学での大学院生を同時にスタートさせました。同時とはいっても、初期研修の2年間は研修を優先したため院生としては授業単位の獲得と、研究テーマ探しに終始していました。私の中でのテーマを決める上での基準は、基礎研究をしっかり学びたいというものでした。学内外の研究室の先生にお会いしたりしながら検討した上で、どうしても学外の研究室に行きたいと思い、教授に無理を言ってご提案いただいたのが、東京にある「国立がん研究センター」でした。この度は国立がん研究センターでの3年間の経験をご報告させていただきたいと思います。

築地の国立がん研究センターは中央病院と研究所が隣接しており、私は週3日中央病院勤務し、残りを研究所で研究を行っていました。

中央病院麻酔・集中治療科は、佐藤科長のもと10数人の麻酔科医師が、基本的には複数の医局から派遣されるという形で成り立っていました。初期研修医のいない病院なので、医師3年目で赴任した私が勿論一番下でした。初期研修で13か月麻酔を研修し基本を学んだとはいえ、初めは土地にも慣れないし、オペ室の勝手も違う。手技も上手くいかない。上の先生に泣きついてばかりでした。大学では基本的に最初から最後まで上の先生がいらっしゃったのですが、中央病院は他の多くの市中病院同様に導入と抜管の時以外は一人で任せられることも多いので不安でPHSが手放せませんでした。あちらでの勤務が2年目になると同期が配属され、麻酔においても導入抜管も簡易な症例であれば一人で行う様になりました。程々に出来ることも増え、慣れてもきて、同期もいるから愚痴も言いやすく、一番気楽だった時期な気がします。前年より麻酔科医も増え、少しゆとりも出るようになりました。臨床研究のお手伝いをし始めたのもこの頃で、プロトコール通りの運営をするのがいかに大変かを学びました。3年目になると医師としても5年目となり、後輩も配属され、ICU勤務も少しずつ始まるようになり、オンコールも一人体制となり責任も増してきて、大変だったのを思い出します。年次相当のことが求められ、プレッシャーを感じ、出来ないことで更に自信を無くして…と辛いときもありました。

研究所においては、がん患者病態生理研究分野の上園保仁研究分野長のもとで研究をさせていただきました。こちらも初めは分からないことばかりで一人も知り合いはおらず…という状況でしたが、指導して下さる実習生の方々にお昼を一緒に連れて行って貰ったり色々するうちに大分なじめるようになりました。秋頃には教えて下さった方々も卒業し、一人で実験するようになり、データの出ない実験を何度も何度も試行錯誤して上手くできるようになった時の喜びは今でも忘れられません。2年目になると順天堂大学から私と同じような社会人院生がいらっしゃるようになり、質問する立場から質問される立場になりはじめ、嬉しくもあり、無責任なことは言えないと緊張しました。2年目の後半から学位論文を書き始めて3年目の夏に無事投稿、acceptされました。この頃には、大学から後任の先生も赴任され、完全に指導する立場となり、こんなに何もわかっていない私が指導していいのかなと不安に思いながら、必死に予習して付け焼刃の指導をさせていただいていたのを思い出します。研究所の方々とは、ディズニーだったりキャニオニング、ワイン会など公私にわたり仲良くしていただきました。

医師6年目となり、Ph.Dとなって岡山大学病院に戻ってきて、振り返ってみると本当に色々なことがあったなぁと実感します。医師としての経験も不十分なうちから、研究も同時に始め、どちらもを完璧にこなすことは私にはできませんでしたが、それでも素晴らしい経験をさせていただけたと思います。選択肢を下さった森松教授をはじめとする、ご指導賜った先生方には本当に感謝の言葉もありません。これらの経験を生かして、これからも臨床も研究も頑張っていけたらと考えています。

初期研修リポート

2020.11.08 お知らせ

  • 自己紹介

研修医1年目です。山口大学出身です。

麻酔科では2ヶ月間、研修させていただきました。

  • なぜ麻酔科研修

麻酔科では患者さんの全身状態の管理やリスク評価が学べると思いました。

また手技を実践する機会も多く、身に付けられると思ったからです。

  • 良かったこと、悪かったこと

実際にたくさん手技をさせていただけて、少し自信がついたように感じます。

また、患者さんの全身のリスクについても、何を基に評価していくか学べたと思います。

ペインにも興味があったため、もっと見学などさせていただいたらよかったと、少し後悔しています。

  • 将来展望

麻酔科で学んだ知識を活かして、これからもしっかり患者さんの全身状態を把握していきたいと思います。また患者さんの急変時なども、麻酔で身に付けた知識や手技で落ち着いて対応できるようになりたいと思います。

  • まとめ

2ヶ月間たくさんご指導いただき本当にありがとうございました。日々のご指導の中で知識や手技がしっかり身に付いたと思います。

麻酔科研修で得た知識と技術を忘れず、これからも研修臨みたいと思います。

2ヶ月間お世話になりました。

初期研修リポート

お知らせ

  • 自己紹介

岡山県出身、香川大学卒業の初期研修医2年目です。

スポーツは硬式テニスをずっと続けています。洋楽が好きです。

  • なぜ麻酔科研修

基本的な手技を身につけたかったから。全身管理を学び、急変時対応ができるようになりたかったから。

  • 良かったこと、悪かったこと

良かったこと:毎日手技をたくさんさせていただけたこと。人工呼吸器に対する抵抗がへったこと。各症例に対して気を付けるべきことを学べた。また、術者がどのようなことに注意しながら手術をすすめていくべきかも同時に学ぶことができた。

悪かったこと:ほとんどの科の症例を経験させていただいたが、研修が一か月間のみということもあり呼吸器外科、脳神経外科の症例があたらなかった。

  • 将来展望

将来は産婦人科に進もうと思っています。産婦人科の麻酔にも何回か入らせていただき、とても勉強になりました。麻酔科で研修したことを生かして頑張っていきたいと思います。

  • まとめ

短い期間でしたが、とても勉強になった1か月間でした。手技だけでなく、様々な考え方について学ぶことができました。麻酔科では実際に手を動かすことや、バイタルサイン等を間近でみて考えることでとても学びが定着したような気がします。残りの研修期間も頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

お知らせ