Lung Protective Ventilationの講演会を行いました。

2016.05.30 お知らせ

FranceのProf. Futierをお迎えして、講演会を行いました。
41歳でNEJM、Professorです。
日本でもこうなれるようにしたいですね。
IMG_0358

IMG_0359

博多での麻酔科学会に参加しました。

2016.05.28 お知らせ

今年は博多で日本麻酔科学会が行われました。
オープニングセレモニーも参加しました。
専門医講習のこともあり参加者多かったです。
IMG_0355

IMG_0357

サンフランシスコでのIARSに参加しました。

2016.05.23 お知らせ

残念ながら2名の発表は聞けませんでした。
寒かったです。
DSC01972

DSC01976

DSC01991

浙江省の先生方が見学に来られました。

2016.05.17 お知らせ

総勢14名での見学でした。
IMG_0117

中国四国ペインクリニック学会を行いました。

2016.05.14 お知らせ

前日の中国四国塾は74名、本会は160名の参加でした。
皆さん、ありがとうございました。
IMG_0348

IMG_0349

IMG_0352

春セミナー行いました。

2016.05.12 お知らせ

今回はミルサスのハンズオンでした。
木曜日開催にもかかわらず、結構たくさん来てくれました。
IMG_0344

IMG_0345

IMG_0346

レジ会でした。

2016.05.09 お知らせ

新メンバーでの初めてのレジ会でした。
一部の方は来れませんでしたが、11名集まりました。
次は8月ですね。

2016年同門会でした。

2016.05.07 お知らせ

新同門会長が太田吉夫先生に決まりました。
多田先生6年間ご苦労様でした。
多くの先生方がお集まり頂きました。
IMG_0338

IMG_0341

IMG_0342

Journal Club 2016.05.05

2016.05.05 お知らせ

Journal Club 2016.05.05
Zheng Z, Jayaram R, Jiang L, et al. Perioperative Rosuvastatin in Cardiac Surgery. N Engl J Med. 2016;374(18):1744?1753. doi:10.1056/NEJMoa1507750.

中国とイギリスの国際共同研究です。
Objective: 心臓外科手術周術期のスタチン療法が心房細動や心筋障害を軽減できるか?
Desigh: RCT
Patients: 18歳以上、CABG and/or AVR、洞調律で不整脈薬内服なし(βブロッカーはOK)。除外基準はModerate to severe MV disease、Cr>2.3 mg/dL、スタチンが飲めない人

Intervention
ベースラインの採血や検査を行った後、ロスバスタチン20mg/dayまたはプラセボを手術の最大8日前より5日後まで継続。

Primary outcomes
心房細動の発生:術後5日間はホルター心電図
心筋障害:トロポニンIを6、24、48、120時間後に採血 Area Under the Curveで評価
Secondary outcomes
臨床的心房細動、別の方法で測定した心筋障害、院内有害事象と死亡、ICUや病院滞在日数、LOCS、胸水、感染、退院時の駆出率、急性腎傷害、バイオマーカー。

Results
1922名がランダム化。87%がCABG、10%がAVR。55%がon-pump。
LDLコレステロールは有意にスタチングループで低下。(スタチンは効いている)
Primary outcome
心房細動はスタチン群21% vs コントロール群20%(OR 1.04, 0.84 to 1.30; p=0.72)。いかなるサブグループでも心房細動の発生率に差はなし。
Coprimary outcomeのTnIも全く有意差なし。 (between-group difference 1%; -9 to 13%; p=0.80)
Adverse outcome
臨床的な心房細動は入院中にスタチン群で16% vs コントロール12%; p=0.03。
クレアチニンは明らかにスタチン群で高い。(at 48 hours 1.02 vs 0.99; p=0.007, at 120hr, 0.87 vs 0.83; p=0.001)これは臨床的にはあまり意味がない???

Conlusion
周術期のスタチン療法は予定心臓外科手術術後の心房細動や心筋障害を軽減しなかった。

前回のアトロバスタチンに続いてスタチンは心臓外科手術周術期に使っても良いことはないようです。

Journal Club 2016.05.01

2016.05.01 お知らせ

High-Dose Perioperative Atorvastatin and Acute Kidney Injury
Following Cardiac Surgery A Randomized Clinical Trial
Frederic T. Billings IV,MD, MSc; Patricia A. Hendricks, RN; Jonathan S. Schildcrout, PhD; Yaping Shi, MS;
Michael R. Petracek, MD; John G. Byrne, MD; Nancy J. Brown, MD

JAMA. 2016;315(9):877-888. doi:10.1001/jama.2016.0548

Objective: 心臓外科手術周術期のアトルバスタチン大量投与は術後のAKIを減少させるか?
Design: Single center, double-blinded, RCT.
Intervention: スタチンを元々飲んでいなかった人は術前日に80mg、当日以後40mg/日またはプラセボ。スタチンを元々飲んでいた人は術当日に80mgと術翌日40mgまたはプラセボでそれ以外は通常通りのスタチン内服。
Main outcome: AKI クレアチニン>0.3mg/dLの上昇。
Secondary outcomes: クレアチニン上昇の程度、ICUでのせん妄、CK-MB、Af、肺炎、Stroke。
研究はスタチンを飲んでいなかった群でAKIが多くまたスタチンを飲んでいた群でも有意差は得られそうにないので、研究は途中でストップ。
Results: 2009年11月から2014年10月までに4466名が心臓手術。そのうち614名がradomized。200名はスタチンを飲んでいない人で、417名はすでにスタチンを飲んでいる人。
Main outcome: AKI; スタチン群 64/308 (20.8%) vs プラセボ群60/307 (19.5%) p=0.75 RR 1.06 (0.78 to 1.46) 有意差無し
Secondary outcome: クレアチニン上昇 スタチン群 0.07mg/dL (-0.13 to .51 mg/dL) vs 0.07mg/dL (-0.12 to 0.52 mg/dL) mean difference -0.01 mg/dL (-0.06 to 0.04 mg/dL); p=0.89 有意差無し
Subgroup analyses
スタチンを元々飲んでなかった人 
AKI スタチン群22/102 (21.6%) vs プラセボ群13/97 (13.4%) RR 1.61 (0.86 to 3.01);p=0.15
クレアチニン値 スタチン群 0.11 mg/dL (-0.11 to 0.56) mg/dL vs プラセボ群0.05(-0.12 to 0.33) mg/dL mean difference 0.08 mg/dL (0.01 to 0.15) mg/dL; p=0.007
つまりAKIの発生率には差がないが、クレアチニンの上昇はスタチン群で有意に高い。
スタチンを飲んでいた人では有意差無し。

Conclusion
心臓外科手術患者で高容量のアトルバスタチンはAKIの発生率を下げなかった。