22th MOMO seminar

2022.11.18 お知らせ

第22回MOMOセミナー開催報告書(2022年11月18日)

先日、第22回MOMOセミナーを執り行いました。今回のセミナーでは、前半は私の方から先日行われた麻酔科専門医試験の受験体験記の話をさせていただき、後半は森松教授にJournal clubを行っていただきました。

麻酔科専門医試験受験体験記では、専門医機構のスケジュールのこと、実際に受験までにどのような勉強や準備をしたか、試験当日の流れやについて話をしました。また、今年は問題数や出題傾向が少し変更となっており、自分なりの分析も交えてみました。受験直後の今のタイミングで話をさせていただいたので、よりリアルな状況が伝わったのではないかと思います。来年度、再来年度受験予定の先生方に聴いていただいたので、少しでもためになっていれば幸いです。

後半のJournal clubでは、今年7月にJAMAに掲載された、人工心肺を使用する心臓手術における4%アルブミン製剤とリンゲル液の比較に関するRCTの論文でした。これまで重症患者やICU患者を対象に膠質液と晶質液を比較した文献はいくつか出ていますが、膠質液の優位性を示すには至っていません。森松教授が留学中に行った研究でも優位性は示されなかったというお話もお聞きしました。今回の論文は、SAFE studyで除外されていた心臓外科手術患者を対象にCPBのプライミング液から術中~術後までを両群で比較した内容でした。結果的に本論文でも優位性は示されなかったのですが、一つ興味深かったのは4%アルブミン群で出血イベントが多い可能性が示唆された点でした。普段教授に直々に質問をするのは少しハードルが高いのですが、少しでも疑問に感じた点を訊くことが出来て大変勉強になりました。

最後のデブリーフィングでは、昨年度大学で一緒に研修したレジデントの先生方と久々に話をして、それぞれの地での近況報告を行いました。忙しかったり、コロナ禍だったりと直接対面するのが難しい中で、セミナーを通じてまた再会することができ、懐かしく楽しい時間を過ごすことが出来ました。今回時間がとれなかった方もぜひ次回の参加をお待ちしています!