19th MOMO seminar

2022.04.20 お知らせ

⚫ 症例報告佐藤

「褐色細胞腫切除」

教科書的な経過を辿った褐色細胞腫切除の周術期管理について報告させて頂きました。

専門医試験でも問われたことのあるテーマであり、レジデントとして抑えておきたい点を中心にまとめて発表致しました。

術前から内科的なコントロールを行うことで術中に安定した血行動態を得られるため、積極的な麻酔科の介入が重要だと感じました。

また、3年程前に腫瘍のカテコラミン産生を抑制する新薬が発売されており、文献的な情報はまだ少なかったのですが、参加頂いたレジデントの中に使用経験のある方がいらっしゃったため情報交換することもできました。

⚫ Journal club森松教授

「Tranexamicacid in patients undergoing noncardiac surgery」

非心臓手術におけるトラネキサム酸の止血効果と安全性に関する国際多施設共同ランダム化比較試験についてでした。

手術開始時と終了時にトラネキサム酸を投与することで、重大な出血イベントが有意に減少することが示されました。血栓リスクに関してはplacebo群に対する非劣性は示されませんでした。

個人的には、大きな血栓リスクなく、麻酔科が容易に介入できる方法で周術期出血を減らす可能性が示された意義の大きい研究だと思いました。

今回は4月ということもあり、残念ながら都合の合わなかった方も多かったですが、密度の濃い時間でした。次回も活発な意見交換の場になることが楽しみです。