13ヶ月コースリポート

2020.07.01 お知らせ

  • 自己紹介

岡山大学出身、岡山大学病院で初期研修2年を行った医師3年目です。

初期研修2年間のうち必修や選択の期間を最大限に利用して麻酔科で13ヶ月研修を行いました。

 

  • なぜ麻酔科?

学生のときに初めて実習を行った科が麻酔科で当時から縁を感じていました。学生教育も熱心で担当症例に関する知識面だけでなく、積極的に手技を行わせて頂ける環境が魅力的でした。

13ヶ月コースを選択した理由は、学生実習で回ったときに13ヶ月コースを選択していた初期研修の先輩方がイキイキと主体的に仕事をしていた姿を見て憧れたからです。

 

  • 13ヶ月コースのメリット・デメリット

メリットとして、麻酔科の同期よりも麻酔科的な力が付いているため、レジデントになった早期から広い視野で日々の麻酔に取り組むことができる点が挙げられます。同期たちも他病院で麻酔科を多めに研修してはいるものの、大学病院で長く深く麻酔科研修を行っていた経験の差は大きかったです。

大学病院での研修は学生・初期研修医・レジデント・指導医の先生方と関わりを持ちながら行うため、上から頂くご指導はもとより、後輩達からの質問も成長につなげることができましたし、後輩を見守ることで今の自分の成長を実感することもできました。

また、初期研修時代には救急当直の際に重症患者への対応力が他の研修医より身についていると実感しました。

デメリットとしては、ICUを通して他科との関わりの多い科ではあるものの、コモンな疾患に対する内科的な診断力・総合力は伸ばしにくいと感じました。これは大学病院での研修のデメリットと言えるかもしれません。

 

  • 将来どんな麻酔科医になりたいか?

今は日々の麻酔が楽しく、あらゆることに成長を感じている段階なので、サブスペシャリティ等についてははっきりと決まっていません。現時点では全ての麻酔が標準的にできることを目標に研修生活を送っています。

 

  • まとめ

麻酔科13ヶ月コースを選択して麻酔科医としての歩みを始めたばかりですが、とても良い環境でのスタートを切れたと感じています。COVIDの影響で、学生や初期研修の方と直接お話しして魅力を伝えることが難しいのが非常に残念ではありますが、この文章が後輩達への何かしらの役に立てば幸いです。