初期研修医リポート

2020.06.06 お知らせ

1. 自己紹介

岡山大学病院初期研修医2年目です。

2. なぜ麻酔科研修

大学在学中の実習で麻酔科を回った時に、手術中の全身管理に興味を持ちました。将来の外科系にも興味があったため麻酔科の立場で手術を学んでみたいと思い、今回3か月の研修を希望しました。

3. 良かったこと、悪かったこと

静脈路確保、動脈ライン挿入や挿管などの手技が多く、日々少しずつ上達していると感じることができました。また、手技以外にも手術中はどういうことが原因でバイタル変化が起きているのか、それに対してどういった対処をすべきなのかを考えるという癖がつくようになりました。

ほかの診療科の研修に比べて朝の開始時間が早く、最初は早起きが大変でしたが、3か月目には体も慣れていったと思います。

4. 将来展望

将来はまだどの科に進むか決め切れていませんが、この3か月で教わったどういった対処が適切なのかを考え続ける医師になりたいと思います。

5.まとめ

短い期間ではありましたが、麻酔科の先生方皆さんが親切にご指導してくださり、日々考えさせられる場面が多々ありました。まだまだ未熟ですが、今回の研修を心に刻み、今後の診療に生かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。