# Journal Club 2017.08.13

2017.08.13 お知らせ

# Journal Club 2017.08.13
Video Laryngoscopy vs Direct Laryngoscopy on Successful First-Pass Orotracheal Intubation Among ICU Patients
A Randomized Clinical Trial

JAMA. 2017;317(5):483?93.

Background
気管挿管は危険を伴う手技である。
近年ビデオ喉頭鏡がよく使われ始めた。
Hypothesis and Objective
ルーチンでビデオ喉頭鏡を使うと通常の挿管より一回目で挿管に成功する確率が増える。

Methods
MacGrathとMacintosh喉頭鏡の比較
7 ICUs in France
Inclusion criteria
経口挿管が必要な患者
Exclusion criteria
経口挿管が禁忌の患者、時間的に余裕がない、18歳以下、妊娠、授乳中、精神科入院中、保護が必要、保険無し、同意拒否、他の挿管に関連するRCTに参加
Study protocol and intervention
挿管手技
1. 十分な酸素でpre oxygenation
2. 筋弛緩はサクシニルコリンまたはロクロニウム、鎮静はエトミデートまたはケタミン
3. マックグラスか喉頭鏡で挿管。スタイレットは使わない
4. 挿管の確認はcapnographyで4回以上の波形
5. 一回目失敗した後は自由に選択可能
Primary and secondary endpoint
Primary endpoint: 経口挿管の成功(呼気二酸化炭素波形が4波形以上きれいに出る)
Secondary endpoints: ?経口挿管の成功(何回目でも)?鎮静薬投与から挿管までの時間?Cormack-Lehane grade?・・・?合併症(死亡、心停止、循環虚脱(血圧<90 mmHg)、低酸素(SpO2 < 90%)、重症低酸素 (SpO2<80%)、食道挿管、誤嚥、不整脈、歯牙損傷) Results Primary 一回目で挿管できた率 MacGrath 126/186 67.7% vs 喉頭鏡 130/185 70.3% 差-2.5% [95% CI -11.9% to 6.9%]; p=0.60。 Secondary エキスパートの初回成功率は55/60で91.7%、非エキスパートは201/311で64.6% (difference 27.1% 95% CI 18.2% - 35.8%; p=0.001) The proportion of patients with was higher in the video laryngoscopy group (9.5% vs 2.8% in the direct laryngoscopy group; absolute difference, 6.7%[95%CI, 1.8%to 11.6%]; P = .01) severe life-threatening complicationsはビデオ群で9.5% vs 喉頭鏡で2.8% difference 6.7% 95% CI 1.8% - 11.6%; p=0.01 Conclusion ビデオ喉頭鏡によるIUCでの経口挿管は成功率を上げず、重症の合併症を増やした。 Strength of the study 多施設のRCTである。 Limitation of the study 群間に差はないが最初のトライは80%以上が非エキスパート。 誰のための道具??? General Discussion もともと挿管が下手な人ではどっちでも一緒かな? 挿管の理由もneurologicが40%呼吸不全は28%? 一般化するにはちょっと無理がある。