Journal Club 2016.06.26

2016.06.26 お知らせ

Beck-Schimmer B, Bonvini JM, Braun J, et al. Which Anesthesia Regimen Is Best to Reduce Morbidity and Mortality in Lung Surgery? A Multicenter Randomized Controlled Trial. Anesthesiology. 2016;PublishAh. doi:10.1097/ALN.0000000000001164.

スイスからの研究です。
Hypothesis: 肺切除術に対する吸入麻酔薬による全身麻酔は静脈麻酔薬による全身麻酔より、入院中の合併症を減らすことができる。

Study Design: スイス5施設でのRCT
Study Population: ASA PS I-III、予定の肺切除でOne lung ventilationする人
免疫抑制、ステロイド投与は除外
GFR < 30 ml/kg/min/1.73m2 Blinding: 患者と外科医はブラインド 導入は同じ方法(エトミデート、フェンタニル、ロクロニウム)で行い、入眠後にPropofol or Des Propofol群 4〜10mg/kg/h or TCI 2 to 6μg/ml Desflurane群 4.5 to 7.0% 術中換気 ; 両肺換気中はPEEP 8cmH2O, PIP < 30 cmH2O, TV 6〜8cmH2O, FiO2 0.6〜1.0でSpO2は90%以上に 片肺換気中はPEEP5cmH2O, PIP<35 cmH2O, TV 4〜6ml/kg, FiO2 0.6〜1.0でSpO2は90%以上に 低酸素(SpO2 < 90% or PaO2 < 60 mmHg)の場合 1) リクルートメント PIP 40 cmH2O for 10秒 2) 非換気側に1 to 5 L/minの酸素投与 3) 非換気側に5cmH2OのPEEP 4) つぶしている方を換気 合併症はClavein-Dindo分類で Grade I: 制吐剤や鎮痛薬投与など Grade II: 輸血など Grade IIIa: reintervention全身麻酔無し Grade IIIb: reintervention全身麻酔あり Grade IVa: 単臓器不全 Grade IVb: 多臓器不全 Grade V: 死亡 Comprehensive complication index (CCI) Primary endpoints 入院中に最初のmajor complication (Grade IIIa to IV)が起こるまでの時間 Secondary endpoints 6ヶ月以内の最初のmajor complication (Grade IIIa to IV)が起こるまでの時間 肺切除に関連するmajor complication (入院中&6ヶ月) CCI, LOS ICU&Hospital 2011.12-2014.03に465名の患者が参加 入院中のMajor complicationはデスフルラン群で13%、プロポフォール群で16.5%。 Primary outcome: unadjusted HR 0.77 (0.47 to 1.24; p=0.28) Adjusted HR 0.75 (0.46 to 1.22; p=0.24) その他のいずれのエンドポイントにも有意差無し。 結論 デスフルランとプロポフォールによる麻酔管理の比較では肺手術における短期・長期の術後合併症に有意差は見られなかった。 片肺換気手術では理論的にはHPVの抑制や虚血再還流時の保護効果などがいろいろと考えられるが、500名規模のRCTでは麻酔薬の選択による臨床的アウトカムへの影響はdetectできない。