レジデント窪木 福太郎先生

レジデント1年目の窪木福太郎と申します。東京都出身で、東京慈恵会医科大学を卒業しました。卒後は福山医療センターで初期研修を行ったのち、岡山大学病院麻酔科蘇生科で後期研修を行っています。

医師になった当初は麻酔科志望ではありませんでしたが、研修で麻酔科を回った際に麻酔維持や全身状態の管理、手技の面白さを実感し、麻酔科を志すことにしました。お世話になった先生方から岡山大学病院麻酔科蘇生科についての話を聞く機会が多かったこともありますが、症例数の多さや種類の豊富さ、指導体制の充実度、関連病院の多さから後期研修先としてお世話になることに決めました。

病院での業務は多少忙しくはありますが、その分得られるものが多く充実しています。多くの先生方の考えを聞き仕事ぶりを見ながら、一人前の麻酔科医になれるように頑張りたいと思います。